消費者金融の審査、ココが不安

消費者金融の追加の審査を受けると増額が認められることがある!

投稿日:

今利用している消費者金融のキャッシングやカードローンだけではやりくりできなくなったときや、どうしてもあと少しお金を用意しなくてはならないときは「追加の審査」を受けることで増額が認められる場合があります。

逆に言えば追加の審査に通らなければ増額は認められないことになります。一定の金額以上の限度額に増額する場合はほぼ必ず追加の審査を受けなくてはなりません。

では、追加の審査を受ける際にはどのような準備をするべきなのか、どういった条件が設けられているのかについて紹介していきます。各消費者金融によって必ずしも同じ条件が適用されるわけではありませんが、似たような条件が設定されているので参考になると思います。

利用履歴を確認してみよう

消費者金融の追加の審査を受けて増額申請をする場合、返済実績がなければ認められません。ですので、まず始めにするべきは自分の利用履歴を確認することです。

最近の消費者金融はいずれも WEB上で利用明細が確認できるため、こちらを利用すれば比較的簡単にチェックできるのではないでしょうか。順調な返済実績が半年以上あれば追加の審査で増額が認められる可能性が大きく高まります

逆に、一度でも返済の延滞があった場合は何度受けても総額が認められることはありません。また一部の消費者金融の利用明細では「過去にどれくらい借りて現在どこまで返済しているのか」に関する利用履歴が閲覧できない場合もあります。

もしも自身の返済実績がよく分からない場合はコールセンターに尋ねてみるのも良いでしょう。
追加の審査に落ちる原因は他社借入件数にあり

追加の審査を受けたけれど審査に落ちてしまった。その大きな理由のひとつに「他社借入件数」が挙げられます。増額を希望している消費者金融以外から借り入れをしたり、返済の延滞が起こってしまうと増額はかなり厳しくなってしまいます。

また場合によっては、新しくカードローンを作成しただけで実際には借り入れしていなくても追加の審査に悪影響を及ぼすことがあります。もしも気になる方は手持ちのクレジットカードのキャッシング枠は解約しておく、他社借入があるなら追加の審査を受ける前に完済しておく、他社カードローンやキャッシングの契約は控えることがポイントです。

収入証明書を必ず準備しておこう

追加の審査を受ける場合、高確率で「収入証明書」の提出が求められます。これによって現在の収入に対して増額しても返済できるかを審査、そして、総量規制で決められている「年収の3分の1以上の借り入れ」にならないかを確認しています。

各消費者金融によって認められる収入証明書が異なりますが、多くは次の中からどれかひとつを用意できれば問題ないようです。

  • 源泉徴収証
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 所得証明書
  • 税額決定通知書
サラリーマンの方は源泉徴収証、もしくは給与明細書を必ず勤務先から受け取っているはずなのでこれを提出すれば問題ありません。自営業者の場合は、確定申告書、もしくは、市役所から交付されている税額決定通知書を用意できればOKです。
追加の審査で限度額が下がることもある?
利用限度額をアップさせるために追加の審査を受けたにもかかわらず、結果的に利用限度額が下がってしまった、というケースもあります。主な理由としては収入が減っていることが挙げられます。個人が消費者金融から借り入れできる金額は年収の3分の1以下と総量規制で決められています。

年収が下がってしまうとその分だけ利用限度額の上限も下がるため、追加の審査の結果限度額が下がることも起こりうるわけです。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.