消費者金融の審査、ココが不安

納税証明書は必要?消費者金融の審査で提出する際に必要なこと

投稿日:2018年6月7日 更新日:

納税証明書の提出

消費者金融から収入証明書の、納税証明書がいきなり必要と言われた場合、

納税証明書ってなんだ?

役所?税務署?どっちで手に入れたらいいの?

と思う方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、ここでは、納税証明書を手に入れる方法から、詳しい所得証明書の説明をしていきます。

これを読むことで、納税証明書とは一体なにかがわかるようになるので、ぜひ読み進めてくださいね!

消費者金融の審査では納税証明書が必要になることがある

例えば大手消費者金融の場合は借入希望額が50万円以下の場合、銀行系カードローンの場合だと借入希望額100万円以下の場合は本人確認書類だけ提出できれば審査が受けられる、というケースが多いです。

しかし、50万円以上の借り入れを希望するなら本人確認書類に加えて収入証明書の類も必要になってきます。

その部分を細かく見ていきましょう。

消費者金融で所得証明書が求められるケースは2通り存在する!

所得証明書が必要になる人は以下の2つに該当する人です。

こんなときに必要!

  • 50万円を超える借り入れ
  • 他社借入額を含めた借り入れ額が100万円以上

大きな借入になるため、確かに収入があることを証明する必要があるため、書類1点が必要になります。

収入証明書には色々なものがあり、一般的に利用されているのは

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書など

があります。

基本的に上記のいずれかを用意すれば良いのですが、消費者金融によっては「納税証明書」の提出を求めてくる場合もあります。

市区町村役場(出張所含む)、税務署で簡単に手に入れることができます。

どこの役場で何を発行できるかは、役場によって異なるため、あらかじめ調べておきましょう。

納税証明書はどこにいけばもらえるの?必要な書類も併せて紹介!

収入証明書と納税証明書

納税証明書の発行についてですが、こちらは税務署が行っています。

そのため、本人の確認ができるもの、例えば運転免許証などを持参して税務署に足を運べばその場で発行してもらいます。

しかし待ち時間が長く、時期によっては納税証明書を当日中に発行できないこともあります。

そこでおすすめなのがオンラインでの交付請求です。

e-Taxを使えば、自宅で納税証明書の交付請求ができる!

納税証明書の交付の流れ

  1. 請求書を作成し送信
  2. 発行の指示(納付番号・確認番号を取得)
  3. 交付手数料の納付
  4. 納税証明書の取得

納税証明書を 取得する - e-Taxより

「e-Tax」という国税電子申告・納税システムが用意されており、こちらを利用すれば自宅にいながらインターネットから納税証明書の交付請求ができるようになります。

これによって、得られるメリットは3つあります。

  • 税務署窓口で受け取る時の時間短縮や交付手数料が安くなる
  • 希望すれば郵送してもらうことも可能
  • e-Taxなら「電子納税証明書(PDFなどの電子ファイル)」を取得することも可能

もしも電子納税証明書があるならそれをプリンターなどで印刷して提出してもOKです。

税務署に直接足を運んで納税証明書を発行してもらうときは本人、もしくは本人の委任を受けた代理人(委任状が必要)でなくてはならないので覚えておいてくださいね。

納税証明書以外に所得証明書として認められるものはなにがある?

各消費者金融で、必要になる収入証明書を表にまとめてみました。

消費者金融 希望限度額 提出する収入証明書
アコム 50万円以上 源泉徴収票、給与明細のいずれか1点
プロミス 50万円を越える額 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のいずれか1点
アイフル 50万円以上 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のいずれか1点
SMBCモビット 1万円から800万円 申込み時に源泉徴収票、確定申告書、課税証明書、給与明細書のいずれか1点を必ず提出

どこの消費者金融でも、「いずれか1点」を提出となっているため、自分が手に入れやすいものを取得しましょう。

必要書類全般に関してはこちらの記事にまとめています。合わせて読んでみてください。

消費者金融のキャッシングの契約に提出する必要書類は何を用意すれば良い?

まとめ

消費者金融の審査で必要になることがある納税証明書について紹介してきました。

ここでポイントを整理すると

  • 納税証明書が必要になるときは50万以上の借入、他社借入額が100万以上、どちらかに該当する場合
  • 納税証明書は税務署かe-Taxで請求できる
  • 納税証明書以外の収入証明書でも認められる

以上の3点が挙げられます。

また、どうしても納税証明書を入手することが難しいと感じる場合は、自分が取得しやすそうな所得証明書を用意するのも選択肢として可能です。

その場合は、この記事を参考に書類の準備を完璧にしてから審査に挑んでくださいね!

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.