納税証明書は確定申告など様々な納税に関する証明書

消費者金融

最近の消費者金融はキャッシングの審査を受ける際に「本人確認書類」だけ提出できればOK、というところが増えています。

 

しかしそれには条件があって、例えば大手消費者金融の場合は借入希望額が50万円以下の場合、銀行系カードローンの場合だと借入希望額100万円以下の場合は本人確認書類だけ提出できれば審査が受けられる、というケースが多いです。

 

つまり、50万円以上の借り入れを希望するなら本人確認書類に加えて収入証明書の類も必要になってきます。

 

収入証明書には色々なものがあります。一般的に利用されているのは源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などがあります。基本的にこれらのうちどれかひとつを用意できれば良いのですが、消費者金融によっては「納税証明書」の提出を求めてくる場合もあります。

 

普通に生活しているとなかなか納税証明書を手にする機会はありません。そこでここでは納税証明書の入手方法などについて紹介していきます。

 

納税証明書はどこで発行している?

納税証明書の発行についてですが、こちらは税務署が行っています。ですので、本人を確認できるもの、例えば運転免許証などを持参して税務署に足を運べばその場で発行してもらいます。しかし待ち時間が長く、時期によっては納税証明書を当日中に発行できないこともあります

 

そこでおすすめなのがオンラインでの交付請求です。「e-Tax」という国税電子申告・納税システムが用意されており、こちらを利用すれば自宅にいながらインターネットから納税証明書の交付請求ができるようになります。

 

これによって、税務署窓口で受け取る時の時間短縮や交付手数料が安くなります。また希望すれば郵送してもらうことも可能です。さらにe-Taxなら「電子納税証明書(PDFなどの電子ファイル)」を取得することも可能となっています。もしも電子納税証明書があるならそれをプリンターなどで印刷して提出してもOKです。

 

税務署に直接足を運んで納税証明書を発行してもらうときは本人、もしくは本人の委任を受けた代理人(委任状が必要)でなくてはならないので覚えておきましょう。

 

基本的に納税証明書以外の収入証明を選ぼう

納税証明書は比較的簡単に入手することはできますが、発行手数料がかかること、そして必ずしも当日中に入手できるとは限らないのがネックです。部数にもよりますが、370円の手数料が必要になり、人によっては交通費などもかかってくるでしょう。収入証明書となるものは納税証明書以外にもいくつかあり、サラリーマンなら給与明細書が、個人事業主の場合は確定申告書の方が特に手数料もかからずに提出しやすいと思います。

 

また同じ条件で借入できるのなら収入証明書がなくても申し込める消費者金融を選ぶのもひとつの方法です。大手消費者金融や銀行系カードローンの収入証明書が必要になる条件については以下の表を参考にしてみてください。

 

  希望限度額 提出する収入証明書
アコム 50万円以上 源泉徴収票、給与明細のいずれか
プロミス 50万円を越える額 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のいずれか
新生銀行カードローン レイク 100万円以上 源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、所得証明書、給与明細書のいずれか
バンクイック 100万円以上 源泉徴収票、住民税決定通知表、確定申告書のいずれか
オリックス銀行カードローン 最高800万円 申込み時に源泉徴収票、確定申告書、課税証明書、給与明細書のいずれかを必ず提出
楽天銀行スーパーローン 200万円以上 源泉徴収証、課税証明書、給与明細のいずれか
モビット 1万円から800万円 申込み時に源泉徴収票、確定申告書、課税証明書、給与明細書のいずれかを必ず提出
アイフル 50万円以上 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のいずれか
ノーローン 50万円以上 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のいずれか

例えば、アコムやプロミスの場合は50万円以上の借入の場合は必ず収入証明書を提出しなくてはなりませんが、新生銀行カードローン レイクの場合だと100万円以上の借入から提出が必要となります。ですので、50万円以上の借入を検討しているけれど収入証明書の提出は面倒だという方は新生銀行カードローン レイクを選ぶ、といった方法も可能です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る