消費者金融の審査、ココが不安

休職中でもキャッシングの審査に通る?

投稿日:

キャッシングの審査を受ける場合、当然ですが「今どこに勤めているのか」「どれくらいの収入があるのか」が重要なポイントとなってきます。要は返済能力が十分かを審査しているわけです。

そこで気になるのが休職中の人。色々な理由があると思いますが、事情があって休職している人はキャッシングの審査に通らなくなってしまうのでしょうか。

休職中は厳しい

キャッシングやクレジットの審査ですが休職中の場合審査に通りにくくなる可能性の方が高いです。特に復帰時期などがハッキリと決まっていないと、より厳しくなることが考えられます。

しかし一方で「休職中でも給料が支払われている」「本職とは別に副収入の見込みがある」「配偶者が十分稼いでいる」といった条件さえあれば審査に通る可能性も十分残されています。

給料の支払いがある

休職中でも会社側から給料の支払いがあるところもあります。その場合だとキャッシングやクレジットの審査に通過する可能性が若干高まります。

ちなみに休職中だと減額支給になることが多いと思いますが、それでもあるのと無いのとでは審査においてかなり有利になるのは間違いありません。1点だけ気をつけておきたいのが、休職中であることを申込みの時点できちんと伝えておくことです。

「休職がバレると審査に通らないかもしれない」と思ってあえて申請しない人もいますが、審査の過程でバレるものです。

というのも在籍確認を行っており、消費者金融は勤務先に電話をかけて「本当にその会社で勤めているのか」をチェックしています。そこで休職中だということが分かると「どうして正直に申請しなかったんだろう」と疑われることに。自分から申請しておきましょう。

副収入がある場合

本業とは別で副収入がある場合は審査に通る可能性が出てきます。副収入にも色々なものがありますが、源泉徴収や所得証明書、確定申告書などの収入を証明できる類のものでなくてはなりません。

例えば、パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブルの場合は書類での証明ができないので副収入として認められません。

たとえ金額が多くてもNGとなっています。また副収入で得られる金額が少なすぎると厳しいです。

配偶者に収入がある場合

自身は現在休職中だから収入がないけれど、配偶者に収入がある、という場合に審査が通ることがあります。これは「配偶者貸付制度」によるものです。

夫婦の年収合算の3分の1まで借入できる、という制度で、同意書、収入証明書、婚姻関係を証明できる書類の提出が必要です。ちなみに大手消費者金融はこの制度を利用できないことが多いです。

銀行系カードローンなどで利用できることが多いようですので申込みする前に事前に確認しておいたほうが良さそうです。

休職中にキャッシングするには

このように、休職中にキャッシングの審査を通すにはハードルが高いのが現実です。そのため、急な出費に対応しなくてはならないときなどに困ってしまいそうなものですが、いくつかの対策方法はあります。

まずひとつがクレジットカードのキャッシング枠を利用することです。すでにクレジットカードを持っている方ならこれである程度は対処できます。また、いくつかの消費者金融は利用限度額がかなり少なめに設定されてはいるものの、休職中でも手軽に審査が受けられるところもあるのでこれらを利用するのも検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、休職中で収入の見込みがない方は計画的に利用することを心がけましょう。また、なかなか貸付してくれる業者が見つからないから、といってヤミ金などに手を出さないようにしましょう。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.