消費者金融の審査、ココが不安

短期間の連続申込みは審査に悪影響を与える?

投稿日:

一度の審査で必ずしも通るとは限らない、と思って短期間のうちにいくつもの消費者金融に申込みしたり、同じ消費者金融に連続申込みする人もいます。しかし、これはおすすめできる方法ではありません。というのも、これが原因で審査に通りづらくなっている可能性があるからです。

消費者金融は申込みがあった場合、まず最初に加盟している信用情報機関に問い合わせて申込み者の個人信用情報をチェックしています。具体的には他社借入状況などを調査しているのですが、複数の借入がある場合は審査に通りにくくなってしまいます。

また同時に、個人情報を照会する際に「申込みがあったこと」を信用情報機関に登録しています。

つまり、短期間のうちに連続申込みしてしまうとこれらが全て信用情報機関に登録されることとなり、他の消費者金融がこれをチェックしたときに「短期間のうちにこれだけ連続して申込みしているということはよほどお金に困っているのだろう」「これだけ申込みしているのに審査に通っていないということはあまり信用できる人ではないようだ」と判断されてしまいかねません。

消費者金融としては多重債務者になって返済できなくなったり、任意整理や自己破産といった債務整理を行うことを最も嫌っています。もし仮に十分な返済能力を持ち合わせているにもかかわらずなかなか審査に通らない、という場合は短期間の連続申込みが原因になっている可能性も疑う必要があるでしょう。

信用情報機関に登録される期間

では消費者金融への申込み情報が消費者金融に登録される期間はどれくらいのものなのでしょうか。日本国内に存在している信用情報機関は3つありますが、いずれも申込み情報を記載している期間は「最長で6ヶ月」となっています。

つまり、申込み情報は6ヶ月後には消去されていることになります。ですので、短期間で連続申込みするのではなく、少なくとも6ヶ月は期間を空けてから再度申込みした方が審査に通る可能性が高まる、と判断できるわけです。

しかし、A社に申込みをしたけれど審査に通らなかったら次はB社に申込みをしたくなるものです。ですがA社に申込みした記録が信用情報機関に残されているため、B社はそれを閲覧した時点で「注意したほうが良さそうだ」と警戒してしまいます。

ひどい場合だと審査以前に否決されてしまうこともあるようです。ですので、審査に通らなかった場合はむやみに申込みするのではなく、信用情報機関に登録された情報が消去されるのを待った方が良さそうです。

仮審査を有効活用しよう

消費者金融に申込みをするからには1発で審査に通りたいのは当たり前です。しかし、審査を受けるまで結果が分からないのも事実。そこでおすすめしたいのが各消費者金融の公式ホームページなどに用意されている「仮審査」です。

これは簡単な情報入力で行う、あくまでも仮の審査なので信用情報機関に記録が残る心配がありません。もちろん本審査とは異なるため「仮審査に通ったから絶対に安心」というわけではありませんが、ひとつの目安となるものなので是非有効活用していきましょう。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.