スコアリングを導入することでスピーディーな審査を実現

消費者金融スコアリングについて

消費者金融やクレジット会社の審査は年々短くなっています。最近では審査結果が数十分で分かるところも登場しており、これによって即日融資や翌日融資を実現できるようになりました。

 

この背景として大きく貢献しているのが「スコアリングシステム」と呼ばれるものです。これは簡単にいうと、申込み者の属性をシステムによって点数をつけ、総合的な点数から「審査を通すか」「利用限度額をどれくらいにするか」を判断しています。つまり、消費者金融の審査をパスするためのコツはスコアリングを理解することにある、とも言えるわけです。ここではスコアリングについて紹介していきます。

 

スコアリングがチェックするポイント

それぞれの消費者金融やクレジット会社によってスコアリングで重要視するポイントの比重は変わってきます。しかし、チェックしている部分については共通している点が多いため「スコアリングによってどこを見られているのか」を知っておくことは大事なことです。審査の過程で見られているポイントは大きく分けて2つ。ひとつは利用履歴、そしてもうひとつが申込み者の属性になります。

 

利用履歴

スコアリングでは利用履歴の比重がかなり大きいと言われています。これは過去の消費者金融やクレジット会社の利用履歴なのですが、例えば頻繁に延滞を繰り返していたり、自己破産などの債務整理を行ったなどのいわゆる「金融事故」の情報が見つかればそれだけで与信リスクが著しく高いと判断されてしまいます。

 

逆に、適度にキャッシングを利用し、その都度きちんと返済できていれば高い評価が受けられます。これまで全くキャッシングを利用したことがない人の場合は低めの評価が下されることになります。つまり、スコアリングではクリーンなクレジットヒストリーを持つ人が最も有利になります。

 

現在の借入状況

現在の借入状況についてもスコアリングで確認されています。こちらは信用情報機関を閲覧すればすぐに分かることです。当然借入残高が少ない方がスコアリングにおいて有利になります。総量規制による年収の3分の1以下までしか借入できない、というルールに則って、借入残高が年収の3分の1に近いとそれだけで審査を断られてしまうことになります。

 

勤務先や勤務形態

スコアリングでは職業に関する属性もかなり重要視されています。ここに大きな比重を置いている消費者金融は多いです。公務員や大企業の社員として働いている、つまり安定した収入が期待できる職業に就いている方ほど有利になり、アルバイトやパート、自営業だと「たとえ収入が高かったとしても安定した収入が期待できない」と判断されてスコアリングが低くなってしまいます。

 

特に自営業者は開業してから1年未満の場合はかなり厳しい評価になりかねません。

 

基本的にはこれらのポイントをスコアリングしています。もちろんその他にも各属性に基づいたスコアリングシステムを導入しており、年齢や性別、家族構成、居住形態なども重要なポイントになってきます。

 

メインとなってくるのは利用履歴や借入状況、職業に関する部分になってくるので、まずはこれらを確認して自身がスコアリングで良い結果を出せるのかを確認しておきたいところです。

 

スコアリングに関するポイントは以下の表にまとめてあるので参考にしてみてください。

 

年齢 年齢が高い方がスコアリングにおいて有利になる傾向にある。20代後半から30代は特に優遇。しかし50代や60代以降は評価が低くなる傾向に
職業 公務員や大企業に勤務している場合高い評価がつきやすい
勤務形態 正社員が最も評価が高く、バイトやアパート、派遣社員などいつリストラされるか分らない勤務形態の場合は評価が下がる。自営業者は安定した収入を得られていなければかなり厳しいスコアリングになる
勤続年数 勤続年数は長いほど有利になる。3年以上の勤続年数があれば良い評価を受けやすい。5年以上だとかなり高いスコアリングが期待できる。バイトやパートでも勤続年数が長ければそれなりの評価に繋がることもある
年収 年収が高いほど高い評価につながりやすい。400万円以上あればかなりの評価を受けられる
居住形態 持ち家の方がより高く評価される。賃貸だと下がりがち。公営住宅の場合貸し倒れリスクが高いため最も低く評価される様子
家族構成 家族構成のスコアリングについては各消費者金融によって扱いが大きく異なる。独身で家族と同居している方が評価が高く、独身で家族と別居している状態が最も評価を低くしていることが多い。既婚についても家族と同居している方が評価が高く、別居状態だと評価は下がる。子供はいない方が評価が高い

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る