勤務先の確認として在籍確認の電話を入れるのが一般的

消費者金融

キャッシングやクレジットの審査では勤務先への確認の電話(在籍確認)を入れるのが一般的です。これが気になる方も多いようです。

 

勤務先に確認が入ると上司や同僚、部下に借金をすることがバレてしまうと心配になる気持ちはよく分かります。

 

消費者金融を利用することがバレて昇進や社内での信用に関わってくるかもしれない、と思うとなかなか申込みしづらいのも分かります。

 

しかし、消費者金融が勤務先に確認を取るのはあくまでも「本当に在籍しているのか」を確認するためだけです。ですので必要以上に詳しく尋ねられたり、わざわざ消費者金融であることを名乗る心配は全くありません。周囲の人たちにバレる心配もほぼ無いので安心して申込みできます。

 

勤務先への確認の方法

それでは勤務先への確認の方法についてですが、こちらは一般的に電話での確認が主流となっています。消費者金融の担当者が個人名で電話を入れます。決して「○○消費者金融の○○ですが○○様はご在籍ですか?」といったストレートな電話はかけてこないので安心してOKです。

 

「○○と申しますが○○様をお願いします」といった個人での電話を入れてくるので全く問題無し。もしもあなたが席を外していたとしても「○○は現在外出中ですが」といったやりとりを職場の人がしてくれれば、それで在籍確認は完了となります。ちなみに申込み者本人が電話に出た時に初めて「○○消費者金融の○○ですが・・・」という対応に切り替わります。

 

自営業者など人によっては自宅が勤務先となっているかもしれません。もしも配偶者や家族にばれたくない方でも、きちんと本人が電話に出るまで消費者金融であることを伏せてくれるので安心。

 

いくつかの消費者金融は確実に本人が電話対応できるように、時間帯を指定できるので気になる方は相談してみるのも良いかもしれません。全ての消費者金融が電話の時間指定ができるわけではないので、事前に確認しておきたいところです。

 

勤務先への確認の電話が難しい場合

職場によっては勤務先に電話かかってくること自体がまずありえないところもあります。そうなると勤務先の確認が難しくなってしまいます。もしも当てはまる場合は事前に消費者金融の担当者に相談しておくことをおすすめします。

 

というのも、そのような利用者が増えてきており、対応しなくてはならない場面が増えているためより柔軟な勤務先の確認を行っているからです。例えば、社員証や在籍証明書、給与明細書などを提出することでそれを勤務先の確認としている消費者金融もたくさんあります。最近主流となりつつあるWEB完結型の消費者金融の場合はほとんどがこの方式を採用しています。

 

ちなみに、電話による在籍確認が取れなかった場合は本当にそこの会社に勤めているのか怪しい、という理由で利用限度額をあえてかなり少なく設定して2、3ヶ月間様子を見てから判断する、というケースもあるようです。疑問に思うことや、不安に思うことがあったらまずは気軽に担当者に電話で相談してみてください。柔軟に対応してもらえることも多々あります。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る