消費者金融の審査、ココが不安

他社借入について徹底解説!何件あると審査に影響するのか?

投稿日:2018年6月7日 更新日:

他社借入は何件あると審査に影響するのか

消費者金融や銀行のカードローンなど、お金を借る手段はいくつかあります。

中には、複数のカードローンを利用している方も多いでしょう。

しかし、他社からの借入が多いことによって、審査に通らなくなることがあるので注意が必要です。

そのため、

何社までの利用なら審査も大丈夫?

複数から借入をしていると、銀行と消費者金融のどっちが審査に通りやすい?

など疑問に思う方も多いですよね。

そこで今回は、すでに他社からの借入をしている方を対象に、これからカードローンに申し込むとどんな影響があるのか、今後借りられる見込み金額など詳しく解説していきます。

これを読めば、審査の借入件数では何が重要がわかるので、今よりも審査に通りやすくなるはずです。

ぜひ読み進めてくださいね。

そもそも他社借入ってなに?

カードローンへ申し込むときには、必ず他社からの借入件数を聞かれる項目があります。

この場合の他社からの借入件数とは、次の2つを指します。

  • 消費者金融の申し込み時に記入する他社借入件数
  • 銀行カードローンの申し込み時に記入する他社借入件数

しかし、すべてを素直に書いていては、損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

カードローンの申し込み先によって、記入するべき借入件数が異なります。

他社借入件数は、消費者金融、銀行カードローンそれぞれの申し込みで書き方が異なる例を紹介します。

消費者金融の申し込み時に記入する他社借入件数

消費者金融での申し込み時に対象となる借り入れ件数は、他の消費者金融を利用している場合に記入します。

例え、銀行のカードローンを利用していても、借入件数に入れる必要はありません。

その理由としては、消費者金融と銀行では、審査の時に利用する個人信用情報が違うためです。

消費者金融では、

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC

といった2つの信用情報機関を確認します。

この2つの信用情報機関では、銀行のカードローン履歴は記録されていません。

そのため、消費者金融への申し込みでは、銀行のカードローンの利用件数は含める必要はないのです。

銀行カードローンの申し込み時に記入する他社借入件数

消費者金融での借り入れ件数は、他の消費者金融が対象でしたが、銀行のカードローンでは、次の3つが対象になります。

  • 信販会社の目的別ローンやフリーローン
  • 消費者金融の借入件数
  • クレジットカードのキャッシング

上記からもわかるように、ほぼすべての借入先を件数に含めなくてはいけません。

銀行のカードローンでは、CICやJICCの他に、銀行系の借入状況がわかるJBA(全国銀行協会)といった信用情報機関も確認します。

複数の借入がある方は、すべてを記載しなくてはいけない銀行のカードローンの方が、審査においては不利になるということがわかりますね。

よく奨学金も借り入れ件数に入るのでは?と思われがちですが、奨学金はローンの借入件数には該当しないため、入れる必要はありません。

他社借入が何件あると審査に影響するのか?

一般的には3件以上の履歴が見付かった場合は断られることが多いとされています。

基本的に多ければ多いほど不利に働き、4件以上あると審査に通りません。

他社で借り入れている借入総額も審査に関係がある

他社借入がある状態で新しい契約を結ぶためには「借入総額」を確認しましょう。

これは総量規制によって「年収の3分の1以下まで」しか借入できないと決められているからです。

例えば年収300万円のAさんが

  • X社から50万円の借入
  • Y社から20万円の借入

をしているとしましょう。

この場合、総量規制によってAさんは最大で100万円までしか借入できません。

つまり、このケースだと残り30万円まで借りられる可能性があることになります。

最近では、銀行も過剰融資が問題になった件で自主規制をしており、年収の3分の1以上は借りられなくなってしまったため、頭に入れておきましょう。

借入件数や借入総額を確かめたい場合は、信用情報機関へ情報開示請求をする

自分の借入件数と借入額を正確に確認するためには、信用情報機関への情報開示請求をする必要があります。

先にお話ししたように、他社借入履歴などはCIC、JICC、JBAといった信用情報機関に残されています。

この3つの情報の開示請求をすることによって、総借入件数が確認できるので、自分の利用履歴などの情報がわからなくなってしまった場合などに利用しましょう。

開示方法はネットや郵送など様々です。

銀行で他社借入がある人でも消費者金融なら審査に通るチャンスはある!

複数の借入をしている方の中には、銀行と消費者金融の両方から借り入れをしているという方や、銀行のみ借り入れをしているという方もいますよね。

そういった方は、消費者金融であれば審査に通るチャンスがあります。

先にふれたように、銀行のローンについては消費者金融の履歴までを調べることはしません。

また、銀行からの借入額は総量規制の対象外であるため、まだ借り入れ可能な限界額まで余地が残っている可能性が高いからです。

現在銀行のローンを利用していて、新たに借入を希望する場合は、消費者金融で挑戦すると可能性が上がるので検討してみましょう。

注意!延滞や滞納、金融事故がある場合、審査通過は厳しいことを理解しておこう!

他社借入履歴の中には返済状況なども詳しく記載されています。

そのため、他の消費者金融で過去の滞納・延滞記録が見つかった場合は審査に不利に働きます。

また、最近ではスマホの機種代金を割賦で支払う(分割払い)のが当たり前になってきました。

しかし実はこれらもローンの1種で、1ヶ月以上滞納しただけで審査に不利に働いてしまうことがあります。

借入件数で嘘をついて少なく記入するのは絶対にやめましょう

申込み時に借入件数をごまかして申請してもリアルタイムで信用情報機関に照会できるためすぐにバレてしまいます。

そこで嘘をついてしまった時点で審査に断られるといっても過言ではありません。

むしろ正直に書いたほうが良いと言われているくらいなので、嘘を記入するのは絶対にやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、消費者金融と銀行のカードローンの申し込み時の、借り入れ件数の対象や、考え方など詳しくご紹介しました。

重要なポイントは次の5つです。

  • 消費者金融と銀行では借入件数に含まれる対象が異なる
  • 銀行のカードローンを複数利用していても、消費者金融の審査に通る可能性がある
  • 審査に通る最大の借入件数は3件、4件以上だと審査に落ちる可能性が高い
  • 借入件数や総額をごまかしてもすぐにバレるので、正直に記入する
  • 総借入額が、収入の3分の1を超えない範囲で申し込む

複数の消費者金融から借り入れをしているけど、審査に通るか不安

銀行のカードローンを利用しているけど、消費者金融の審査は大丈夫?

といった方は、この記事を参考に借入件数・総額を記入しましょう。

借入件数の対象を知ることで、より有利な状況で申し込むこともできるはずですよ。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.