消費者金融の審査、ココが不安

消費者金融のキャッシングの契約に提出する必要書類は何を用意すれば良い?

投稿日:2018年6月7日 更新日:

消費者金融のキャッシングサービスやローンサービスを利用する際に提出しなくてはならない必要書類が出てきます。それぞれの消費者金融によって若干内容が異なることもありますが、基本的には共通しているものなのでここでチェックしてみましょう。

本人確認書類

絶対に必要となってくるのが本人確認書類です。こちらは一般的には「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」を利用することになります。他にも色々な本人確認書類がありますがこれらを利用した方が無難です。もちろん期限切れの運転免許証などを提出しても本人確認書類として認められないため有効なものを提出しましょう。

なお、外国籍の方がキャッシングに申し込みする際には「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」の提出が必要となります。

もしもこれらの本人確認書類に記載されている住所と現在の住所が異なる場合は別途必要書類が発生する場合があります。その場合は「国税または地方税の領収書や請求書、あるいは納税証明書」「社会保険料の領収書または請求書」「公共料金の領収書または請求書(電気、水道、ガスなど)」「住民票の写し、もしくは住民票の記載事項証明書」を提出することになります。

収入証明書

ほとんどの消費者金融は収入証明書を提出しなくても契約することができますが、借入希望額が一定以上の場合は収入証明書の提出を行わなくてはなりません。多くは50万円以上の借入を希望する場合、あるいは他者にすでに借入があって合計で100万円以上の借入になる場合に収入証明書を必要書類として提出しなくてはなりません。

収入証明書として利用されているものは「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」となります。なお、給与証明書は直近2ヶ月、あるいは3ヶ月と1年分の賞与明細書の両方を提出しなくてはならないので準備しておきましょう。もしも賞与がない方については直近2ヶ月、もしくは3ヶ月の給与明細書だけでOKなことがほとんどです。

必要書類の提出方法

店頭窓口での申し込みや、無人契約機での契約の場合は必要書類を持参して契約することになります。しかし最近ではインターネットからの申し込みが主流となりつつあるため「どうやって必要書類を提出すれば良いのか分らない」という方も増えています。

多くの消費者金融は携帯電話のカメラやデジカメ、スキャナなどを使って必要書類を一度画像として取り込み、それをメールに添付して送付する、あるいは専用のアプリケーションを使ってアップロードすることで必要書類の提出としていることが多いです。

この時に注意しておきたいのが、必ず両面をアップすることです。運転免許証などは裏面に特に何も記載されていないから表だけで良いのでは?と思われがちですが必ず両面を送りましょう。

このように、消費者金融と契約する際に用意しておかなくてはならない必要書類はいくつかあります。特に大きな金額を借入するわけではないのなら、運転免許証さえあれば事足りるとも言えます。以前よりもずっと手軽に借入できるようになったからこそ、返済プランをきちんと立てて計画的に利用していきたいものです。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.