消費者金融の仮審査と本審査で結果が違うこともある

消費者金融本審査と仮審査

最近では各消費者金融共にインターネット上で簡単に審査が受けられるようになっています。ここで注意しておきたいのが「仮審査」と「本審査」の2つがある、ということです。

 

例えば、大手消費者金融アコムを見てみると「3秒診断」というサービスが用意されています。これは仮審査に分類されるものです。本審査の場合は結果が分かるまで短くても30分程度の時間が必要となってきます。しかし、仮審査ならインターネット上でいくつかの項目に回答するだけで自動的に審査が受けられ、本審査で受かるかを手早く確認することができます。

 

仮審査と本審査の違い

仮審査に通ったから必ずしも本審査に通るとは限りません。仮審査はあくまでも「仮」だということは意識しておく必要があります。これが何を意味するのかというと「仮審査に通ったけれど本審査には通らなかった」逆に「仮審査には通らなかったけれど、本審査を受けてみたら通った!」ということが起こりうるということです。

 

どうしてこのような違いが出てくるのか、というと、仮審査は本人属性があまり重要視されていないことにあります。

 

消費者金融の本審査では必ず申込み者の個人属性もあわせて審査しています。これが何を意味するのかというと、過去の借入件数や現在の借入件数、これまでにきちんと返済できていたか、債務整理は行っていないか、といったいわゆる金融事故に関する情報を個人信用情報機関から集めて審査対象として調べています。仮審査の場合はこれらは審査対象にはなっていません。

 

仮審査で入力する項目は各消費者金融によって異なりますがほぼ同じような内容となっています。アコムの場合だと

  • 生年月日
  • 性別
  • 独身既婚
  • 他社借入件数
  • 他社借入金額

となっています。つまり、この時点では金融事故情報などは確認することができない、ということになります。

 

仮審査に通ったけれど本審査には通らなかった、という場合は信用情報機関に残されているクレジットヒストリーの中に事故情報が含まれている可能性が出てきます。

 

正確な診断を受けるために

仮審査と本審査での診断結果の違いを極力小さくするためには正確な情報を入力することが最重要です。

 

中でも特に重要なのが他社借入件数と借入金額になってきます。これは信用情報機関で正確な数値を照会することができるので本審査では間違いのないデータが審査の対象となります。しかし仮審査の場合はあくまでも自己申告になるため「借入件数は確か2社だったはず・・・」「合計で100万円くらい借入しているかな?」といった曖昧な情報だとズレが生じてしまい、結果が異なりかねません。

 

また、意外と忘れがちなのがクレジットカードの存在です。クレジットカードのキャッシング枠を利用している場合、これもまた他社借入件数と借入金額の中に加味しなくてはなりません。忘れがちなポイントなので確認しておきましょう。

 

仮審査はその場ですぐに結果が出る本審査の目安となる便利なサービスです。しかし、あくまでも目安であることは忘れてはいけません。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る