最近では在籍確認を行わない消費者金融もある!

消費者金融

消費者金融のクレジットやキャッシングを利用する場合必ず審査を受けなくてはなりません。

 

その過程で行われている「在籍確認」は申請した通りに本当にその職場で働いているのかを確認する作業のひとつです。

 

在籍確認は絶対に行われている審査のひとつなのでこれを避けるのはかなり難しいでしょう。

 

在籍確認を回避する方法についてはインターネットで色々と紹介されていますが、基本的には自分たちで「在籍確認を無し」にすることはできません。これはあくまでも消費者金融側の判断で行われているものです。しかしいくつかの方法を選べば在籍確認を回避できることもあるのでチェックしてみましょう。

 

新規ではない

初めて借入をする場合はほぼ間違いなく在籍確認が行われます。しかし、新規の借入ではない場合、定期的に利用している場合などは在籍確認を省く場合もあるようです。

 

そのためにはクリーンなクレジットヒストリーが必要不可欠。他の消費者金融のクレジットやキャッシングを定期的に利用していて、なおかつ正しく利用できていれば回避できるかもしれません。しかしこのあたりについては消費者金融側の判断次第ですので確実とは言いがたいです。

 

おまとめローン

複数の他社借入をひとつの消費者金融にまとめる「おまとめローン」の場合も、目的や理由がハッキリとしていれば在籍確認をとらない場合もあるようです。しかしこれも確実性に欠ける部分があります。先述した通りこれまでのクレジットヒストリーがハッキリとしていれば在籍確認が省かれるケースのひとつだと言えるでしょう。

 

相談してみる

今働いている職場で外部から社員に対して電話かかってくることがまずありえない職場もあるでしょう。身内の方以外から電話が来ることがないところで働いているのなら在籍確認の電話が来た時点で周りの人たちに「何をした?」「消費者金融に申込みした?」と勘ぐられる可能性があります。

 

また社員のプライバシーを厳重に取り扱っている会社の場合は在籍確認の電話に対して「うちには○○という者はいませんが」といった対応を取る企業もあるようです。

 

もしもこれに当てはまる場合は消費者金融の担当者に相談することで在籍確認を電話以外の他の方法でとってくれる場合もあります。例えば社員証や在籍証明書、給与明細などを提出できればOKとすることもあります。

 

WEB完結型の消費者金融を選ぶ

在籍確認を回避する方法のひとつとして「WEB完結型の消費者金融を選ぶのもおすすめです。こちらは電話や郵送でのやりとりは行わず、基本的に全てインターネット上で申込みから審査、振込や返済の手続きを行います

 

ですので在籍確認の電話を行っていないところも多いようです。WEB完結型は自宅のパソコンだけでなくスマートフォンなど携帯端末からも申し込めるところがほとんどなので、今後はより一層ニーズが高まっていくことが予想されます。

 

ただしWEB完結型だからといって絶対に在籍確認を行わない、とは限らないので心配な方は担当者に相談するなどよく確認しておきましょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る