消費者金融の審査、ココが不安

盆、正月など大型連休中でも消費者金融の審査は受けられる?

投稿日:

お盆、正月、GWといえば日本の3代大型連休です。連休ということもあって、帰省したり、旅行に出かけたりする方も多く、何かと出費も重なる時期です。

特にGWは1年の中で1番出費が大きい、という方もたくさんいらっしゃると思います。いざという時の出費に備えてお金を用意しておきたい、あるいは急な出費に対応するために借入したい、というケースは思いのほか多いものです。

では、消費者金融のキャッシングはお盆、正月、GWでも審査してくれるのでしょうか。

お盆の場合

お盆の審査についてですが、こちらはお盆休みを取っている消費者金融はあまり多くありません。通常の土日祝日と同じように運営しているところがほとんどです。

消費者金融によっては短縮営業を採用していることもあるので注意は必要となります。例えば、いつもなら18時まで営業しているのに、お盆期間中に関しては15時までしか運営していない、といったことが考えられます。

ただし、銀行がお盆休みを取っていることも考えられるため、そちらもあわせてチェックしておかなくてはなりません。というのも、最近の消費者金融の多くは即日融資するため指定した銀行口座に振込する、というタイプが増えているからです。

銀行が休みだと当然振込ができないので即日融資が難しくなってしまいます。特に即日融資にこだわりがなければそこまで問題は無いでしょう。
お正月の場合

お正月については多くの消費者金融が休みを取っているので即日融資はかなり厳しいと言わざるを得ません。

しかし、12月31日の大晦日まで営業している消費者金融はたくさんあります。ほとんどの消費者金融は1月1日の元旦は休みを取っており、早いところで1月2日から、遅いところだと1月4日から営業を再開しているようです。またお盆の時と同様に短縮営業を採用していることも多いのであわせてチェックしておきたいところです。

GWの場合

GWは土日に加えていくつかの祝日が重なる大型連休です。そのため、消費者金融の窓口は休みだけれど、無人契約機やインターネット申込みなら対応していることが多いです。もちろん銀行が休みになっていることも多いため即日融資が難しい場合もあります。

無人契約機でカードが発行できること

お盆、お正月、GWに共通していることは「銀行振込ができないことが最大の壁」だということです。多くの消費者金融は即日融資のために契約を結んだその日のうちに指定した銀行口座に振込してくれます。しかし銀行が休みだと振込ができません。いくつかの消費者金融は銀行と提携することでこれらの連休中でも振込を反映させることはできます。

対策方法として無人契約機を使ってその場ですぐにカードを発行してもらう、という方法があります。インターネット申込みなどで審査を受けておき、無事に契約する段階まで行けたら無人契約機に足を運んでカードを発行してもらう、あとはコンビニATMなどの利用しやすいATMから借入する、という流れが即日融資に関しては最も確実です。

ただし無人契約機もお盆や正月、GW中に運営しているとは限らないので事前に公式ホームページから確認しておいた方がより確実でしょう。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.