消費者金融の審査、ココが不安

ブラックリストだけど審査に通る可能性はある?

投稿日:

クレジットやキャッシングの審査を何度受けても通らない場合はブラックリストに載っている可能性があります。

ブラックリストはこれらのサービスを利用していて返済の延滞があったり、返済できなくなって債務整理を行った場合に信用情報機関に記録されることを言います。消費者金融は審査の過程で必ず信用情報機関に問い合わせしてブラックリストに載っていないか確認しています。

つまり、過去にブラックリストに載ってしまうような金融事故を起こした場合は他の消費者金融に申込みしても審査に通らないというわけです。

信用情報機関

正確にはブラックリストというリストが存在しているわけではありませんが、信用情報機関に記録されている「金融事故情報」のことをブラックリストと呼んでいます。日本には現在3つの信用情報機関が存在しています。消費者金融やクレジットカード会社が主に利用している「CIC」、同じく消費者金融やクレジットカード会社、携帯電話会社が利用している「JICC」、そして銀行関連が利用している「KSC」の3つです。それぞれで取り扱っている信用情報は異なるのですが、ブラックリストに載るような金融事故に関しては共有しています。

どうやったらブラックリストに載る?

ブラックリストに掲載されてしまう原因は大きく分けると4種類あります。

延滞

返済日に支払いが無かった場合延滞扱いになります。1日遅れただけでも延滞扱いになるのですが、ブラックリストとして登録されるには2ヶ月から3ヶ月の猶予があると言われています。ただし、2~3ヶ月連続して延滞するだけでなく、数回にわたって延滞を続けているとブラックリストとして掲載されることもあります。1回くらいは返済が遅れてしまうこともある、と多めに見てくれることもありますが延滞は絶対に起こらないように注意したいところです。

代位弁済

代位弁済は債務者(借金をしている人)の代わりに保証会社が消費者金融に返済をすることです。もちろん、債務者は消費者金融の代わりに保証会社に返済することになります。これは1発でブラックリスト入りです。

債務整理

任意整理や自己破産といった法的な手続きに基づいた借金の免責のことを「債務整理」と言います。債務整理を行うことで債務者はより返済しやすくなったり、場合によっては借金そのものを無くせます。

強制解約

延滞が続いていたり、使い方に問題があった場合に強制解約される場合があります。クレジット会社やキャッシング会社から強制的に解約を受けた場合もブラックリストに登録されてしまいます。特に問題のない使い方をしていても、何らかの事情で「途上与信」として扱われて矯正解約されることもあるようです。

ブラックリストはいつ消える?

3つの信用情報機関に登録されてしまったブラックリストはいつまでも残るわけではありません。それぞれの信用情報機関によって異なりますが期間を空けることで解消されるものです。具体的には以下の表の通り。



  CIC KSC JICC
延滞 5年間 5年間 1年間
任意整理 5年間 5年間 5年間
自己破産 7年間 10年間 5年間


ただし注意しておきたいのが返済に関しては「完済した状態から」カウントが始まるということ。ですので、返済する気がない、踏み倒しつもりでいるのなら永久にブラックリストから自身の個人信用情報が消えることはありません。

また自分自身がブラックリストとして登録されているのかを確認することもできます。それの信用情報機関に「信用情報開示」の申込みをすれば確認できるので気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.