消費者金融の審査、ココが不安

自己破産後でもまた借り入れできる?借りられる業者や自己破産後に借りるリスクを解説します!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

自己破産後に借り入れできるかを解説
どうにもならずに自己破産してしまった方の中には、自己破産で返済の義務がなくなっても生活は厳しいままだという方も多いです。

中には、

自己破産後、どうしてもお金が必要だから借り入れをしたい

自己破産後、どれくらいで借り入れができるようになるの?

など、疑問を持つ方もいますよね。

そこで今回は、自己破産後の借入に注目し、自己破産から何年で借り入れ可能になるのか、どんな金貸しなら審査に通る可能性があるのかなど詳しく解説していきます。

これを読むだけで、自己破産後の借入をどこで申し込めばいいのか、また気をつけるべき点がわかるはずです。

ぜひ読み進めてくださいね。

自己破産後の借り入れはできるのか?

まず、自己破産をした方が気なるのが「借り入れはできるのかどうか」ではないでしょうか。

そもそも自己破産をした人にお金を貸してはいけないという法律はありません。

しかし、実際には借り入れが難しい状況であり、借り入れ先も限られるのが現状です。

詳しく解説していきましょう。

すぐには借りられない!自己破産後から何年経てば借りられるようになるのか?

結論からお話しすると、自己破産後に借り入れをするのは難しいと言わざるを得ません。

自己破産をしたという履歴は、次の3つの信用情報で記録されています。

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行協会)

クレジットカードやカードローン、銀行ローンなどの審査ではこの3つの信用情報をチェックして結果を出しています。

とはいっても3つの機関は情報を共有しているわけではないので、それぞれで履歴が残ることになるので、照会をする場合は3つとも行う必要があるので注意しましょう。

自己破産の履歴は、ある一定期間記録されています。

信用情報機関 記録期間
CIC 最長5年
JICC 最長5年
KSC 最長10年

表からもわかるように、自己破産から5年~10年経過すると、記録は消え借り入れが可能です。

例えば、銀行のローンではKSCは必ずチェックされるので、10年間はまず借り入れはできないと思った方がいいでしょう。

しかし、CICやJICCしか調べないクレジットカードやカードローンであれば、5年経過後に審査に通過する可能性が出てきます。

ただし、自己破産の履歴が消えたとしても、痕跡は残ります。

それは、信用情報が全くないスーパーホワイトという状態になるからです。

携帯の割賦払いをするだけでも、信用情報に記録が残ります。

そのため、極度の現金主義でなければ、生活をしている範囲でも信用情報が全くない状態になるとは考えにくく、審査では自己破産したのでは?と疑われてしまうのです。

自己破産の経歴が消えたとしても、審査に通るとは限らないので、心にとめておきましょう。

どこなら審査に通るの?自己破産後の借り入れで選ぶ業者

自己破産後であったとしても、業者によっては借り入れも可能です。

そのためには、次の3つのポイントをチェックして、借り入れ先を選ぶ必要があります。

  • 一度利用したことのある金融機関では基本的に審査に通らない
  • 大手消費者金融は審査に通らないことが多い
  • 中小企業消費者金融だと借りられる場合がある

それぞれ詳しく説明していきましょう。

一度利用したことのある金融機関では基本的に審査に通らない

絶対に避けてほしいのが、一度利用したことのある金融機関です。

自己破産をすると、その顧客はブラックリスト入りし、その記録は永遠に消えません。

顧客に自己破産をされるということは、金融機関にとってとても大きな痛手です。

痛手を負わされたのに、また借りたいと申し出てこられても金融機関としては貸すわけにはいきませんよね。

一度利用したことのある金融機関は、審査に通る可能性がほぼないので申し込むのはやめましょう。

大手消費者金融や銀行は審査に通らないことが多い

自己破産後、もしくは自己破産の記録が消えたとであっても、銀行や大手消費者金融では審査に通らないことはよくあります。

先にお話ししたように、信用情報に記録が残っていると大手消費者金融・銀行ともに審査に通るのは難しいです。

記録が消えた場合でも、

  • ブラックリスト入りしている
  • スーパーホワイトで疑わしい

といった2のような理由で審査に通らないことは多々あります。

そして、銀行系カードローンへ申し込む場合は注意が必要。

全く関係ないと思っていても、大手消費者金融の多くは銀行系カードローンの保証会社になっているケースが多くあります。

その結果、大手消費者金融で借り入れをして自己破産をした場合、ブラック入りした情報がそのまま銀行系カードローンの審査にも影響しまうのです。

自己破産の記録が消えたあとでも、銀行と大手消費者金融との関係を確認しておかなければ、銀行系カードローンの審査に通過するのは難しいと考えましょう。

目次に戻る

中小企業消費者金融だと借りられる場合がある

自己破産した後なのにお金を借りられる、となるとヤミ金の心配をする人もいるでしょうが、中小企業消費者金融はもちろん登録された正規の消費者金融です。

自己破産した人にお金を貸すことは違法ではありません。

ただ返済能力や信頼面が原因で借入できない状態になっているだけです。

また、中小企業消費者金融を選べば無条件でお金が借りられるわけではありませんし、決して審査が甘いというわけではありません。

これには、最低限の条件として安定した収入があり、返済能力が十分だと認められることが必要です。

収入を証明できる書類の提出を求められることも当然あります。

独自の借り入れ基準を採用しているため、金利は高いですが、本当に困っているのなら、審査を受けてみる価値はあります。

審査に通らない、審査に落ちたことがある方は下記のページを参考にしてみてください。

消費者金融の審査に通らない人は必見!理由と対策を徹底解説!

自己破産後に借り入れることのリスク

自己破産によって、お金に困るという方も少なくありません。

家や財産が無くなるので、最低限の生活ができてもお金が必要になることがあると、ローンなど組めないからです。

しかし、自己破産後に借り入れをするということには、次の2つのようなリスクも発生するのでお話しします。

  • また同じように借金を負う可能性がある
  • 闇金に狙われる恐れがある

リスクを理解したうえで、借り入れをするということはとても重要なので、ぜひ読み進めてください。

また同じように借金を負う可能性がある

自己破産後、借り入れをした場合、また同じように借金を背負う方が多です。

中には、少額だけと借り入れを申し込んだ結果、思ったよりもあっさり審査に通ったことによって、お金に困ったらすぐに借り入れをし、気が付けばまた自己破産の道をたどってしまうといったことがよくあります。

しかし、自己破産の回数に制限はありませんが、前回の自己破産から7年以上経過していなければ再度自己破産することも難しいです。

また、何度も自己破産をするようでは免責許可が下りず、自己破産ができないという結果もあります。

1度自己破産を経験しているからこそ、借り入れには十分気をつけて返済計画を立てましょう。

闇金に狙われる恐れがある

闇金は、お金に困っている人を嗅ぎつける能力にたけています。

特に自己破産を経験し、お金に困っているという方は注意が必要です。

どこからかお金に困っているという情報を聞きつけては、あの手この手で狙われてしまう可能性が高くなります。

ブラックでもOKですよ!少額であれば審査はいりません!

などと言われると、審査に通りにくい自己破産経験者にとっては、天の助けと思ってしまう方も多いでしょう。

しかし、闇金に手を出してしまうと、また自己破産をしなくてはいけない結果に陥るケースも少なくありません。

精神的な苦痛が伴うことも多いので、甘い言葉には誘われないようにすることが大切です。

どんなものが闇金なのか?闇金の見分け方を知っておくことが一番の対策とも言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、自己破産をすると借り入れが難しい理由や、借り入れをする方法、リスクについて詳しく解説しました。

重要なポイントとしては、次の5つがあります。

  • 自己破産をすると、5~10年借り入れは難しい
  • 信用情報から自己破産の記録が消えても、過去に借りた金融機関からの借り入れは難しい
  • 中小企業の消費者金融だと借りられる可能性もある
  • 銀行系カードローンは保証会社を確認しよう
  • また自己破産をしないよう、返済計画をきちんと立てて実行しよう

自己破産をしてしまって、二度と借りたくないけど、どうしてもお金が必要

借り入れをしたいけど、リスクが怖い

といった方は、この記事を参考に借り入れを申し込んでみましょう。

きちんと返済計画立て、正規の金融業者で借り入れをすることによって、自己破産後のリスクを避けることができますよ。

-消費者金融の審査、ココが不安

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.