審査にまつわる不安なポイント

消費者金融の審査、ココが不安/おすすめ消費者金融エスプレッソ記事一覧

キャッシングの審査を受ける場合、当然ですが「今どこに勤めているのか」「どれくらいの収入があるのか」が重要なポイントとなってきます。要は返済能力が十分かを審査しているわけです。そこで気になるのが休職中の人。色々な理由があると思いますが、事情があって休職している人はキャッシングの審査に通らなくなってしまうのでしょうか。休職中は厳しいキャッシングやクレジットの審査ですが休職中の場合審査に通りにくくなる可...
他社借入があるけれど、新しく借入したい。しかし他社から借入している状態だと審査に通らないという話をよく耳にします。では他社借入がある時点で審査は断られてしまうのでしょうか。実は、他社借入があっても借りられる消費者金融はたくさんあります。もちろん無条件で借入できる、というわけではないため条件を確認し、それを満たしていることが必須です。それではどのような条件を満たしていればよいのでしょうか。借入総額他...
不況が騒がれてから随分と経ちますが、それは今でも変わらないように思います。特に中小企業ほどその影響を大きく受けています。そのため、会社が突然倒産してしまったり、いきなりのリストラ宣告を受けることもあります。そうなってしまうと、これまでのような定期的な収入が得られなくなり、いきなり無収入な状態になってしまうことになります。もしもある程度貯金があればやりくりできるかもしれませんが、蓄えがない場合は急な...
クレジットやキャッシングの審査を何度受けても通らない場合はブラックリストに載っている可能性があります。ブラックリストはこれらのサービスを利用していて返済の延滞があったり、返済できなくなって債務整理を行った場合に信用情報機関に記録されることを言います。消費者金融は審査の過程で必ず信用情報機関に問い合わせしてブラックリストに載っていないか確認しています。つまり、過去にブラックリストに載ってしまうような...
消費者金融のクレジットやキャッシングを利用する場合必ず審査を受けなくてはなりません。その過程で行われている「在籍確認」は申請した通りに本当にその職場で働いているのかを確認する作業のひとつです。在籍確認は絶対に行われている審査のひとつなのでこれを避けるのはかなり難しいでしょう。在籍確認を回避する方法についてはインターネットで色々と紹介されていますが、基本的には自分たちで「在籍確認を無し」にすることは...
キャッシングに申込みする際にはいくつかの項目に回答しなくてはなりません。氏名や住所、生年月日などの個人の属性に関する情報はもちろん、最重要項目のひとつとして「勤務している会社」そして「勤続年数」が挙げられます。これは返済能力に直結する情報なので消費者金融側からすれば確実に把握しておきたい、そして確認をとっておきたいポイントとなります。この判断によって「いくらまでなら貸付できるか」「そもそも契約を結...
キャッシングやクレジットの審査では勤務先への確認の電話(在籍確認)を入れるのが一般的です。これが気になる方も多いようです。勤務先に確認が入ると上司や同僚、部下に借金をすることがバレてしまうと心配になる気持ちはよく分かります。消費者金融を利用することがバレて昇進や社内での信用に関わってくるかもしれない、と思うとなかなか申込みしづらいのも分かります。しかし、消費者金融が勤務先に確認を取るのはあくまでも...
クレジットやキャッシングを利用する場合、申込み者本人にある程度の収入がなければ審査に通りません。これは総量規制という貸金業法によって個人の借入は年収の3分の1までと制限されているからです。そのため、収入を全く持たない専業主婦や、家事や育児の都合上、一時的に休職している方にとって厳しい状況にあります。しかし、総量規制にはいくつかの例外が設けられているんです。そのひとつとして「配偶者貸付」があります。...
一度の審査で必ずしも通るとは限らない、と思って短期間のうちにいくつもの消費者金融に申込みしたり、同じ消費者金融に連続申込みする人もいます。しかし、これはおすすめできる方法ではありません。というのも、これが原因で審査に通りづらくなっている可能性があるからです。消費者金融は申込みがあった場合、まず最初に加盟している信用情報機関に問い合わせて申込み者の個人信用情報をチェックしています。具体的には他社借入...
急な出費に対応しなくてはならない時、生活費が苦しい時に消費者金融を利用するのもひとつの手です。計画的に、上手に活用することができればこれほど心強いサービスはありません。しかし初めて消費者金融を利用する時は審査に通るかドキドキするものです。そこでぜひ利用して欲しいのが各消費者金融の公式ホームページに用意されている「お試し審査」です。お試し審査とは簡単な項目を入力するだけで「審査に通るか、通らないか」...
消費者金融の審査はそれぞれの業者によって緩い、甘いところがある、と言われています。審査の内容としてはいずれも同じようなもののはずなのに、どうして緩いところや甘いところがあるのでしょうか。そもそも審査が緩い、甘いという基準は何なのかもあわせて考えてみましょう。50万円以下ならほぼ通る?消費者金融に申込みするときは「借入希望額」を入力します。そのときに必要となる金額を入力する人がほとんどだと思いますが...
消費者金融のキャッシングやクレジット、カードローンを利用すると信用情報機関に「個人信用情報」が残ります。この個人信用情報は個人属性(氏名や生年月日、住所など)だけでなく、契約内容や返済状況など実に様々な情報を総括して記録しています。一度記録された情報は各信用情報機関に一定期間保存され続けることになり、消費者金融や銀行はこれらをいつでも閲覧できます。よく言う「ブラックリスト」は信用情報機関に記録され...
消費者金融各社はそれぞれで無人契約機を用意しています。名前の通り、誰にも顔を合わせることなく申込み・審査ができる非常に便利なサービスです。無事に審査をパスできればその場でカードが発行でき、すぐに融資が受けられるため即日融資を希望する方にとって特にありがたいものだと思います。ここでは消費者金融の無人契約機について紹介していきます。本当に誰にも見られていない?無人契約機と言えば誰にも見られない、誰とも...
消費者金融のキャッシングやカードローンに申込みする場合、色々と必要書類を用意しなくてはなりません。しかし最近では本人確認書類だけ用意できれば申込みOKな消費者金融が増えています。とはいえ、希望限度額や現在の収入の状況などによって収入証明書の提出が求められることがあります。収入証明書は源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などが該当するのですが、これらはすぐに用意できないことの方が多いですよね。それなら...
消費者金融の審査を受けるためには店舗や無人契約機に足を運ばなくてはなりませんでした。しかし最近ではインターネットの普及に伴って「ネット審査」を用意している消費者金融がほとんどです。これによって、わざわざ外に出なくても自宅から気軽に申込みができる、審査が受けられるようになっています。そこで話題になっているのが「ネット審査は甘いのか厳しいのか」ということです。ネット審査の内容とは消費者金融のネット審査...
今利用している消費者金融のキャッシングやカードローンだけではやりくりできなくなったときや、どうしてもあと少しお金を用意しなくてはならないときは「追加の審査」を受けることで増額が認められる場合があります。逆に言えば追加の審査に通らなければ増額は認められないことになります。一定の金額以上の限度額に増額する場合はほぼ必ず追加の審査を受けなくてはなりません。では、追加の審査を受ける際にはどのような準備をす...
消費者金融のカードローンやキャッシングに申し込みをする際、様々な申告が必要になってきます。審査に通りたい一心で虚偽の申告、誇張のある申告をしてしまうと、それが原因で審査に落とされることは十分考えられます。そのため、必ず申告内容は正確なもの、正しいものでなくてはなりません。バレなければ問題ない?「虚偽の申告だったとしてもバレなければ問題ないのでは?」と考える方もいるようですが、いずればれてしまうもの...
消費者金融のキャッシングを利用するためには審査をクリアしなくてはなりません。その審査の過程で大きな判断材料として扱われているのが「属性」です。一体属性とはどのようなことを見られているのでしょうか。ここでは属性について解説していきます。属性とは?審査の主な判断材料となっているのは「申込み者の属性」そして「利用履歴」の2点となっています。これらを総合した情報を「信用情報」と呼びます。キャッシング審査で...
消費者金融やクレジット会社の審査は年々短くなっています。最近では審査結果が数十分で分かるところも登場しており、これによって即日融資や翌日融資を実現できるようになりました。この背景として大きく貢献しているのが「スコアリングシステム」と呼ばれるものです。これは簡単にいうと、申込み者の属性をシステムによって点数をつけ、総合的な点数から「審査を通すか」「利用限度額をどれくらいにするか」を判断しています。つ...
急にお金が必要になるのは平日とは限りません。土日祝日だって消費者金融から借入したいと思っている方はたくさんいるでしょう。しかし、一般的に会社が休みである土日祝日にも審査を受けて借入することはできるのでしょうか。まず最初に確認したいのが、平日と土日祝日だと条件がどのように異なっているのか、ということです。最大の違いとしては「銀行振込ができるのか否か」ということ。即日融資に対応している消費者金融はイン...
お盆、正月、GWといえば日本の3代大型連休です。連休ということもあって、帰省したり、旅行に出かけたりする方も多く、何かと出費も重なる時期です。特にGWは1年の中で1番出費が大きい、という方もたくさんいらっしゃると思います。いざという時の出費に備えてお金を用意しておきたい、あるいは急な出費に対応するために借入したい、というケースは思いのほか多いものです。では、消費者金融のキャッシングはお盆、正月、G...
最近の消費者金融はキャッシングの審査を受ける際に「本人確認書類」だけ提出できればOK、というところが増えています。しかしそれには条件があって、例えば大手消費者金融の場合は借入希望額が50万円以下の場合、銀行系カードローンの場合だと借入希望額100万円以下の場合は本人確認書類だけ提出できれば審査が受けられる、というケースが多いです。つまり、50万円以上の借り入れを希望するなら本人確認書類に加えて収入...
最近では各消費者金融共にインターネット上で簡単に審査が受けられるようになっています。ここで注意しておきたいのが「仮審査」と「本審査」の2つがある、ということです。例えば、大手消費者金融アコムを見てみると「3秒診断」というサービスが用意されています。これは仮審査に分類されるものです。本審査の場合は結果が分かるまで短くても30分程度の時間が必要となってきます。しかし、仮審査ならインターネット上でいくつ...
消費者金融のキャッシングやカードローンを利用するためには審査を受けなくてはなりません。十分な収入、安定した収入があるにもかかわらず審査に通らないことがあります。それはもしかすると「貸出限度件数」に引っかかっている可能性があります。貸出限度件数とはキャッシング会社、消費者金融、クレジット会社が利用者に対して業界全体で貸出の限度件数を制限しているものです。現在はインターネットから簡単に申込みができるよ...
キャッシングの審査を受ける場合、よく耳にする言葉に「ネガティブ情報」というものがあります。ネガティブ情報、というくらいですので好ましくないものだということは分かります。しかし、具体的に何がネガティブ情報となるのかについては分かりづらい部分もあります。そこでここではキャッシングにおけるネガティブ情報を解説していきます。審査で見られるネガティブ情報ネガティブ情報の内容を見てみると、主に金融事故に関する...
消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンの審査は通りやすい人と通りにくい人がいます。一昔前までは「年収400万円以上」「正社員」が絶対条件とさえ言われていましたが、今はそこまで厳しくはありません。例えば年収200万円程度の人やパートやアルバイト、派遣社員として生計を立てている人でも比較的簡単にキャッシングやカードローンが利用できるようになりました。とはいえ、なかなか審査に通らないとやきもきしま...
消費者金融の審査では通りやすい人、通りにくい人がいます。以前と比べると審査の内容はずっと優しくなっている傾向にはあるのですが、条件を満たしていないと全く審査に通らないこともあります。そこでここでは、審査に通りにくい人の特徴をまとめてみました。当てはまることがないかぜひチェックしてみてください。ブラックリストは一発NG消費者金融の審査に通りにくい人、というよりは通るのはまず難しい人といった方が良いか...
消費者金融のキャッシングやカードローンでの審査では居住形態が審査項目の中に含まれています。これは持家なのか、賃貸なのかをチェックするわけですが、はたしてどちらの方がより審査で有利に働くのでしょうか。持家の方が審査では有利?一般的に言われていることですが、消費者金融の審査では持家の方が有利になりやすいとされています。その理由は、持家があればそう簡単に返済から「逃げる」という選択が取れないからです。賃...
キャッシングの審査では既婚か、未婚かが必ず問われます。つまり、結婚しているか否かが審査に影響しているわけです。社会的には結婚している人の方が信用できる、という風潮があります。実際に営業職に就いている人は、本当は結婚していないにもかかわらずあえて結婚指輪のダミーをつけている人もいるそうです。結婚している=家庭を持った責任のある立場にある、というイメージがあるのでしょう。では、キャッシングの審査におい...
消費者金融のキャッシング、銀行系カードローン、クレジットカードでは審査を受けなくては契約できません。これらの金融商品は返済を前提として貸付しているわけですので、必ず返済できる人を選ぶ必要があります。だからこそ審査があるわけです。この審査の中で1、2位を争う重要項目として「返済能力」が挙げられます。ここでは審査で問われる返済能力の内容について解説していきます。返済能力は年収に対する計算が基本審査で見...
消費者金融のキャッシングやカードローンを申し込むときには個人の属性情報を提示する必要があります。氏名や住所、性別、年齢、年収や勤務先、そして勤続年数などがこれに含まれています。消費者金融は申込み者の返済能力を審査しなくてはならないため、個人の属性情報を審査・確認することで返済能力を見極めています。年収が高いほうが良い、公務員や大企業に勤めている方が有利、という話はよく耳にします。しかし、勤続年数に...

このページの先頭へ戻る