トラブルの多い現金やトラベラーズチェックよりもお得に使える

まとまった休日が手に入ると、海外旅行に出かけるという人も増えています。ところで海外旅行は観光にショッピングといった感じで、楽しいこともたくさんあります。しかし一方で日本ほどの治安のいい所は少ないので、旅先でトラブルに巻き込まれてしまうこともしばしばあります。

 

トラベルジャーナルという所が調査したところによると、海外旅行に出かけた8.6%の人が何らかのトラブルに巻き込まれてしまったといいます。外務省の情報だと2012年に海外旅行に出かけた人は1849万人ですから、159万人がトラブルに巻き込まれたという計算になります。

 

トラブルの中で最も多かったのは、私物の盗難や紛失でした。これがトラブル全体の75%程度を占めています。その中でもトップは現金で、1人当たり平均3万5000円程度の被害に遭っています。そして旅行者全体で見ると、実に152億円もの金額が盗難や紛失の被害に遭っていると推定されるのです。

 

旅行資金を持ち込む3つの方法

現金トラブルに巻き込まれないようにするために、現金の持ち込み方をここでおさらいしておきます。海外旅行に行く人が旅先に持参するお金は、平均して20万円前後になります。飲食代や施設の入場料、お土産代などいろいろな所でお金が必要になります。

 

資金の持ち込み方は、3つの方法が主流です。現金とトラベラーズチェック、クレジットカードです。この3つの方法を為替や手数料などのコストで比較してみると、以下のようになります。ちなみにコストに関しては、1ドル95円の状態で10万円分をドルに交換したと仮定します。消費者金融系の利息は、法定上限の18%の年利で1週間の借入をしたと仮定します。

 

  手数料
現金 0円
トラベラーズチェック 2000円
消費者金融 345円

 

消費者金融系クレジットカードはお勧め

消費者金融の中でも大手の所は、クレジットカードを発行しています。クレジットカードを使ってショッピングをすれば、現金を多く現地に持ち込む必要がなくなります。その分、現金の盗難や紛失といった被害に遭わずに済むわけです。

 

また消費者金融系のクレジットカードを使って、現地でキャッシングすることも可能です。たとえばアコムではマスターカードと提携しているので、マスターカードに対応しているATMであれば世界中どこでも利用できます。こちらのATMを使って、現地通貨の借入ができます。

 

消費者金融系クレジットカードにはメリットがあって、両替手数料のかからない所です。円から現地通貨に両替する場合やトラベラーズチェックを購入するときには、手数料がかかります。トラベラーズチェックの場合、2%程度の手数料がかかるので10万円を購入するとなると2000円程度は手数料が取られます。

 

消費者金融系クレジットカードの場合、返済するときの利息しかコストはかかりません。10万円借入して年利18%、1週間で返済したとなると345円程度のコストしかかからないことになります。消費者金融系クレジットカードは審査に時間がかからないので、直前に申し込みしても間に合う可能性が高いです。そこで海外旅行をする前に、カードを準備しておくのはいかがですか?

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る