借りたお金の使用用途

インプラントや歯列矯正で莫大な費用が…そんなときの対処法

投稿日:

虫歯や歯周病で歯を失った場合、入れ歯やブリッジというのが従来の主な治療法でした。しかし入れ歯の場合、歯茎の上にカバーする形になるのでどうしても自分の歯のようにしっかり噛めない問題がありました。この問題をクリアできる方法として最近注目されているのが、インプラントです。

インプラントは、あごの骨に直接人工歯根を埋め込むことでなくなった歯のフォローをする治療法です。骨と癒着しますので、自分の歯に近い形で日常生活を送れます。入れ歯だとせんべいやたくわんなどの硬くて噛みにくい食べ物が食べられないケースもありました。しかしインプラントであれば、硬い食べ物でも問題なく噛める可能性は高いです。このため、歯の治療をするにあたって、インプラントによる治療を希望する人も多いです。

インプラントはお金がかかる?

インプラントはいくつかのパーツを組み合わせて治療がなされます。インプラントの義歯とスクリュー、アバットメント、フィクスチャーの4つの部品を使って、あごの骨に人工の歯を埋め込みます。

フィクスチャーの種類やインプラントの上部構造をどうするかによっても費用は違ってきます。しかし都内のクリニックでインプラントの治療をした場合、1本あたり40~50万円といったところが相場です。なぜこのような高価な治療費になるかというと、自由診療だからです。

保険診療が適用されると、3割負担になります。しかしインプラントのような自由診療の場合、健康保険が使えません。このため、全額自己負担になるのでまとまった費用が必要になるわけです。

インプラントの費用は、各クリニックで自由に決められます。中には上で紹介した相場よりもかなり安い価格でインプラントを行っている所も見られます。しかし格安をうたっている所で、安易に治療すべきではありません。

格安の理由として考えられるのは、以下のような事情です。素材費の安いインプラントを使用しているので、使用感に問題が生じる、もしくはインプラント体だけの費用しか掲載していなくて、上部構造など別途で費用のかかる可能性などが考えられます。ですから格安であれば、なぜそのような価格になるのか十分に説明を受けて、納得できたところで治療をすることです。

デンタルローンの活用

インプラントや歯列矯正をする際にもやり方によっては自由診療扱いになって、高額費用を負担しないといけないケースも出てきます。もし自己資金だけで賄えないというのであれば、デンタルローンを活用してみるのはいかがですか?

文字通り歯科治療専門のローンのことで、クリニックとローン会社が提携してサービスを実施しています。3~200万円程度の限度額で、JACCSやアプラス、日本信販、セディナなどが取り扱っています。もし事故費用で賄えない場合には、デンタルローンが使えるかどうか確認することです。デンタルローンが無理な場合には、消費者金融で足りない資金を借り入れ、治療を受ける方法もあります。

-借りたお金の使用用途

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.