リボ払いをするくらいなら消費者金融で借入もアリ?

ショッピングをしていて、どうしても欲しい商品があったとします。でも手持ちのお金では購入できないというときに、どうしようかと悩んだ経験はありませんか?我慢するという選択肢もあるにはありますが、売り切れになってしまうかもしれませんし、欲しいという衝動を抑えられない人もいますね?

 

現金が十分ない場合、ショッピングする方法として、消費者金融で借入する、クレジットカードのある人はカード払いにする方法があります。クレジットカードも消費者金融の借入も両方できる人の場合、どちらを選んだ方がいいのでしょうか?

 

リボ払いだと損をする可能性が

クレジットカードを使って支払いをする場合、一括払いと2回払いを選択すれば、商品の料金だけを後々負担する形になります。手数料を負担することはありません。消費者金融の場合、確かに無利息キャンペーンを実施している所もあるものの、基本的に利息は発生します。その分で考えると2回払いまでで支払できるのであれば、クレジットカードを利用した方がお得です。

 

ところがもしリボ払いによる支払いを検討しているのであれば、事情は変わってきます。リボ払いは毎月定額を支払って返済していく方式です。毎月決まった出費なので、家計のやりくりがしやすいと人気です。ただし高い買い物をした場合にリボ払いを選択すると、手数料がかなり掛かる恐れがあります。

 

皆さんのお持ちのクレジットカードのリボ払いの金利を見てください。おそらくたいていのカードが、年利15%前後に設定されていませんか?カードによってはそれ以上の金利設定になっているケースもあります。そうなると、消費者金融で借入しているのと大きな違いはありません。

 

随時返済できる強み

リボ払いの場合、決まった期日に返済する形を取ります。しかし消費者金融で借入して返済する場合には、随時返済が可能です。お金の出来たときに、いつでも返済できるシステムのことです。

 

しかも消費者金融の場合、利息は日割りで計算されます。つまり早めにお金の出来た段階で返済をしてしまえば、それほど大きな利息負担にはならないのです。お金を返済するめどが立っているのであれば、リボ払いを選択するよりは消費者金融で借り入れをしてしまった方がいいわけです。

 

しかも最近の消費者金融を見てみると、大手を中心に返済しやすいサービスが整っています。ATMを使って借り入れや返済できるところも多いです。大手になると自分の所のATMの他にも、金融機関やコンビニと提携してATMで手続きできるようにしている所も増えています。利用できるATMが多くなれば、自宅の近くで手軽に返済の手続きもできるはずです。
どうしても欲しい商品があって、手持ちの足りない場合には消費者金融を利用してみるのも一つの手です。2回払いまででカード支払いのできない場合には、有力な選択肢になります。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る