更新料の支払いができないとどうなるの?

通常賃貸物件の賃貸借契約は、有限で結ばれることがほとんどです。2年契約が一般的で、2年経過して引き続きその物件で暮らしたいと思っていれば契約を更新します。契約更新するときに、家賃の他に一定額を支払うという慣習があります。これを賃貸物件の更新料といいます。

 

ちなみに賃貸物件の更新料は、法律で規定されているものではありません。首都圏や近畿圏などの一部地域で昔からの慣習で徴収されていたものが今も残っており、地域によっては更新料の有無にばらつきがあるようです。

 

また、2007年に国土交通省の調査したところだと、不動産業者が更新料を徴収する主な理由には下記のようなものがあがっています。

 

一時金収入として見込んでいる 53.0%(62社)
長年の習慣 50.4%(59社)
家賃が低い分の収入を確保 21.4%(25社)
消耗を修繕するための財源 20.5%(24社)
一時金を払えない人は不安 14.5%(17社)

有効回答117社・複数回答

出典:民間賃貸住宅に係る実態調査(不動産業)

 

更新料の相場といえばは家賃の1カ月〜1.5カ月。決して安くはない更新料を、「長年の習慣」で支払うというのも少々もったいないような気もします…。更新料を支払わずにすむ方法はあるのでしょうか。

 

更新料の支払いをしないとどうなる?

家賃の更新料は、契約書の中に明記されています。いつまでに支払う、いくら支払うという内容が書かれているはずなので賃貸物件で暮らしている人は、契約書をもう一度確認してください。その上でサインをしているはずなので、その時点で更新料の支払いに関しての合意があると見なされます。

 

このため、契約書に更新料の項目があり、サインをしていれば絶対に支払わないといけません。「そんな話は聞いていない」と主張したところでその意見は通らないと覚悟しておくべきです。賃貸の更新料を支払わないと、その部屋の賃貸借契約を続ける意思がないと判断されます。その結果、契約の更新はなし、部屋を出ていかざるを得なくなります。

 

もし更新料を支払わずに契約解除になっても住み続けると、今度は不法入居という扱いになってしまいます。もし大家さんが立ち退きを請求する訴えを起こされたら、ほぼ確実に部屋を明け渡さないといけなくなります。

 

支払いのできない場合?

もし更新料の支払のできない場合には、大家さんや管理会社に交渉してみることです。ここで重要なことは、自分には更新料の支払う意思があるときちんと相手に伝えることです。そうすれば、契約解除はいったんなくなるはずです。

 

更新料の相場は地域によっても多少の違いがあります。2年契約の場合、家賃の1〜2か月分の更新料がだいたいの相場だと思ってください。この相場よりもかなり高い更新料になっていれば、交渉の余地があります。もし直接交渉を取り合ってもらえないのであれば、弁護士に相談して法外な更新料であるから減額するように交渉をお願いすべきです。

 

更新料が妥当な金額で持ち合わせがないというのであれば、消費者金融を利用することも視野に入れるべきです。消費者金融であれば、フリーローンなので更新料の支払いのためのお金を融資してくれます。即日審査・即日融資のようなサービスを行っている所も多いので、更新料の支払期限が目の前に差し掛かっているときなどは大変重宝します。

 

消費者金融で家賃の更新料の借入をする場合には、なるべくお金ができたら早めに返済をすることです。日割りで利息が計算されるので、借入期間が長くなるとその分余計に返済をしないといけなくなるからです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る