どのジャンルで開業するかで必要な額も変わってくる

自分で事業をしてみたいと思っている人はいませんか?そのためには事業開始資金を準備する必要があります。事業開始資金がどの程度かかるかですが、どのような業種で始めるかによって変わってきます。特に大きく異なるのは、店舗経営をするか、そのほかの方法で開業するかです。

 

店舗経営をする場合には、物件を取得する必要があります。しかも店をオープンするために、内装工事などを行わないといけません。しかも商品やサービスを提供するにあたって、設備も入れる必要があるのでどうしても資金がかさんでしまいます。

 

自宅や居抜き物件を活用すれば、初期コストを安く抑えることも可能です。それでも500万円程度の資金が必要になります。自宅ではない別の所に店舗を作るとなると、1000万円単位で資金が必要になると思った方がいいです。医療関係は機器の導入にお金がかかるので、少なくても1000万円程度、お金をかけると億単位の資金が必要になるケースもあります。

 

税理士や行政書士のような店舗を持たなくても開業できる場合には、事業開始資金はそれほど必要ではありません。たとえば、自宅で開業するとなればパソコンくらいあればできるので50万円くらいでも十分開業できます。オフィスを別の所で借りるとなった場合でも、最高でも600万円程度のコストで開業可能です。

 

消費者金融でお金を借りるメリット

事業開始資金を借りるにあたって、金融機関からの融資をイメージする人も多いでしょう。しかし銀行の場合、これから事業を開始する人に対して融資を渋る傾向が見られます。本当にその事業が当たるのか、融資したお金を回収できるのか不安に感じるからです。海のものとも山のものともつかない事業者には、なかなか融資してくれません。

 

融資してくれる場合でも、審査をするにあたって、いろいろな書類の提出が求められます。書類の準備をするにも、それなりの時間がかかります。また必要な書類を提出して審査を受けるにも、審査そのものの時間もかかってしまいます。

 

もし審査の間にもお金が必要という場合には、消費者金融を利用してみるのはいかがですか?消費者金融は銀行と比較して、審査にかかる時間は短いです。しかも銀行と比べると審査のハードルは低く設定される傾向があるので、融資を受けられる可能性は高いです。銀行が融資してくれるまでのつなぎ資金として、消費者金融を利用する方法は活用すべきです。

 

ただし消費者金融を利用する場合、借入できるかどうかを事前に確認する必要があります。中には事業性資金の融資は認めていない所もあります。また消費者金融の場合、金利は銀行と比較すると高めに設定されています。利息は日割りで計算されますので、なるべくお金ができたら早く返済をしていくことが、金銭的な負担を軽減するためにも必要です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る