銀行が開業資金の融資に積極的でないのは?

店舗を持って商売したいということになれば、開業資金をある程度自分で準備する必要があります。開業資金がどのくらい必要かは業種や業態によってまちまちです。しかし一般的に内訳は以下のようになります。

 

まずは保証金が必要で、店舗系の場合欠かせません。保証金はお店の広さに比例すると言われていますので、開業資金を少なくしたいのであれば、狭い所を借りる、業種によっては自宅で開業する選択肢も視野に入れるべきです。

 

続いて店で利用する設備や備品も準備しないといけません。飲食店の場合には調理関係の設備、医療関係であれば診察代や各種治療器具、エステサロンであれば施術台や器具が必要になります。その他にも販促をするためのチラシや看板、パソコンなどの備品も準備する必要があります。

 

そして小売店舗を開業しようと思っているのであれば、店頭に出す商品の仕入れ費用が必要です。医療系の場合、薬剤などを仕入れておく必要があります。このように考えると開業するにあたって少なくても500万円、店にこだわると1000万円を超える開業資金が必要になるケースも出てきます。

 

銀行は融資に消極的?

1000万円という金額になると、なかなか自己資金だけで賄うのは難しいです。そうなると、どこかほかの所から融資を受けることも検討しないといけません。その場合、銀行から開業資金の融資を受けることをイメージする人もいるでしょう。確かに銀行では事業資金の融資のため、ビジネスローンのサービスがあります。

 

しかし銀行が事業資金を融資するにあたって、返済能力を重視します。先ほども紹介したように1000万円前後のまとまった資金を融資するわけですから、より着実に回収できないと銀行も困ります。そこできちんと返済できるだけの基盤を持っているかをチェックします。

 

その中でも過去の会社の実績を重視する傾向が見られます。業績が安定している、売り上げを伸ばしている所であれば返済能力は高いと判断され、融資の受けられる可能性は高いです。ところがこれから開業する所は実績がありません。このため、返済能力も未知数と判断され、融資を渋るわけです。

 

消費者金融という選択肢

では開業資金の融資を受けるにあたって、どのような所を利用すればいいのでしょうか?まずは、国民生活金融公庫などの公的な所で融資の申し込みをしてみることです。国民生活金融公庫のような所では、開業資金の融資に対応する商品も販売しています。しかも金利も低めに設定されているので、返済するときの負担も軽くできます。

 

その他には消費者金融を利用する方法もあります。消費者金融で開業資金の融資を受けるときには、メインにすべきではありません。公的機関もしくは金融機関から融資を受けられるまでのつなぎ資金として借り入れる方法です。消費者金融は審査に時間がかからず、スピーディに融資してくれるので、今まさにお金が必要というときには重宝します。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る