急な引越し代も分割返済も可能なので無理なく返済が可能

あらかじめ用意周到に引越しの準備をするのであれば、資金のやり繰りもある程度余裕を持って取り組めます。しかし時には急な引越しが求められるケースも出てきます。会社で仕事をしていると、転勤も可能性があります。もしくは新しい事業所を作るので、その準備のために一定期間別の場所に派遣されるケースもあるでしょう。

 

このような転勤がかなり前の段階で言われていれば、引越しの準備もできます。ところが場合によっては、直前になって言われることもあります。そうなるとどたばたの状態で引越しをしないといけません。中には引越し代が手元にないという人も出てくるでしょう。

 

急な引越しを求められて手持ちがないという人は、消費者金融を利用してみる方法があります。消費者金融であれば、緊急の借入にも柔軟に対応してくれるからです。

 

使い道自由な資金を融資

消費者金融で借入の申し込みをする際、借りたお金の用途を聞かれるはずです。引越し代のためであれば、問題はないと思ってください。消費者金融は基本的にフリーローンといって、使い道自由としているものが多いです。一部事業性資金の用途はNGとしている所もありますが、それ以外であれば基本問題なく審査は通過できます。

 

ただし引越しの理由に問題があると、審査クリアできない可能性もあるので注意しないといけません。たとえば会社をクビになってしまったとか、借金がかさんでいわば夜逃げのような形で引越しをする時などは審査に引っ掛かる可能性があります。ごく普通の引越しであれば、まず問題はないと思ってください。

 

引越しのために消費者金融で借り入れをする場合には、引越し先の住所も明記しておくことです。引越し先の住所がないと、いざというときに連絡が取れなくなる恐れがあるからです。住所変更に伴う手続きをきちんと行っていないと審査クリアできなくなる恐れもありますので、注意してください。

 

年度末・年度初めの3〜4月は、多くの人が引越しをします。新社会人、大学入学で一人暮らしをする人が多いからです。この引越しシーズンになると、消費者金融を利用する人も増えます。引越し代を借りるために消費者金融を利用することは割とポピュラーなので、気軽に借り入れしてみてください。

 

分割払いのできるのが魅力

引越し代が7万円かかったとして、4万円までは自分で準備できたとします。残りの3万円が足りないというときには、3万円分を消費者金融で借入してください。そして後でお金の入ってきたところで3万円を返済する形になります。

 

消費者金融の場合、借りたお金を一括で返済する必要はありません。たいていは月に1回くらいのペースで、決まった額を返済すれば問題ありません。分割で返済できれば、無理のない返済計画が立てられるはずです。

 

もちろん随時返済といって、お金の出来たときに一括で返済する方法もあります。消費者金融の利息は日割りで計算されるので、早めに完済をした方が利息の支払いも少なくて済みます。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る