借りたお金の使用用途

高額療養費制度で負担が減る?実は落とし穴が!

投稿日:

けがや病気で入院したとか、手術を受けたとなるとそれなりにまとまった医療費を請求される可能性があります。病気やけがは予期しないタイミングで起きる可能性もあるので、何かあった時に手持ちが足りないということもあり得ます。そのような人への救済策として、高額療養費制度があります。

高額療養費制度とはかいつまんで言うと、1か月間で負担する限度額が設定される制度のことです。そして1ヶ月の中で実際に負担した医療費がこの限度額を超えた場合、公的医療保険組合から超えた分の払い戻しが受けられるというものです。つまりどのような治療を受けたり、長期入院したりしたとしても一定の費用に抑えられるわけです。

限度額は、それぞれの年齢や所得、保険の種類によって異なります。こうしてみると、どんなに高額の医療費を負担したとしても一定の出費で済むのではないかと思う人もいるはずです。しかし高額療養費制度には、落とし穴があるので注意しないといけません。

高額療養費制度は、1ヶ月の中で支払った医療費に対して、自己負担限度額を超えている所が払い戻しの対象になります。この「1か月」というのが実は曲者なのです。

たとえば自己負担限度額が15万円だったとして、40万円の医療費がかかったとします。この場合、25万円は実質負担しなくてもいいと思ってしまいます。しかし例えば、治療期間が月をまたいでしまうと話は変わってくるのです。

たとえば、7~8月にかけて治療を受けたとします。そうすると7月の医療費と8月の医療費に分けて、そこから自己負担限度額を差し引かないといけません。そうすると15万円が限度額の場合、下手すると15万円×2の30万円を負担するかもしれないわけです。

消費者金融を利用する方法

誰でもきちんとした医療が受けられるように、高額療養費制度があります。しかし高額療養費制度はどのようなケースでも、メリットのある制度ではないということも理解してください。上で紹介したような結局2か月分の限度額を負担しないといけないケースも出てきます。

もし医療費が高額になって、支払いできないというのであれば、消費者金融を利用することも検討すべきです。消費者金融のいい所は、手軽に借り入れのできる所です。審査も過去に借金返済を巡ってトラブルを起こしたことがなく、安定した収入を得ている人であれば、借り入れはほぼ可能です。

審査にかかる時間もスピーディで、大半の所が即日審査結果を通知してくれます。しかも中には即日融資に対応している所もあって、急な出費で困った時には大変重宝します。
消費者金融で借入すると、利息の負担が大きそうというイメージを持っている人はいませんか?しかし消費者金融の場合、利息は日割りで計算されます。早く返済ができれば、そこまで大きな利息支払いを強いられることもありません。入院費が支払えないというときには、消費者金融の利用も念頭に入れておくべきです。

-借りたお金の使用用途

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.