突発的なものでなく慢性的になると要注意

消費者金融を利用している人を見てみると、給料日前で手持ちのお金が少ないから借入するという人が多いです。そしてたまたまその月に限って、給料日前にお金が足りなくなったので不足分を借入する人が中心です。冠婚葬祭で持ち出しが多かったとか、家電製品が故障して購入費用が意外と掛かって、手持ちが少なくなったという理由です。このような突発的なアクシデントで手持ちがなくなった時には、消費者金融は大変ありがたいサービスです。

 

ところがもし毎月慢性的に生活費が足りなくなって、消費者金融を利用するのであれば注意が必要です。必要な生活費が世帯収入を上回っている状態が続いている可能性があります。そうなると、借りたお金をいずれは自分たちの稼ぎでは返せなくなってしまいます。

 

もし突発的な出費なしで普通に生活していても生活費が足りなくなるのであれば、注意が必要です。今は返済できていても、返済できなくなって、多重債務の状況に陥る可能性も十分にあるからです。

 

お金が足りなくなる原因は?

もし慢性的にお金が足りなくなっているのであれば、2つの方法で対処するしかありません。収入をアップさせるか、出費を少なくするかのいずれかです。収入をアップさせるのは、現状ではすぐは難しいでしょう。そうなってくると、支出の見直しがより現実的ということになります。

 

そこで家計の見直しをするために、一度家計簿をつけてみてください。1ヶ月でいいので家計簿をつけてみて、皆さんが月にどのような使い道でお金を使っているのか検証してみることです。このように検証し直してみると、こまごまとした所で余計な出費をしていることが多いです。

 

たとえば、外食を頻繁にしているとどうしても出費は大きくなります。自炊するペースを少し増やしてみるだけでも、かなりの節約効果が期待できます。

 

またちょっと何か足りなくなったときに、コンビニで買い物している人はいませんか?スーパーと比較するとコンビニは少し割高な価格で販売していることが多いです。コンビニをできるだけ使わずにスーパーで買い物するだけでも、かなり出費を抑えられます。このように節約できるところはないかどうか見直してみてください。

 

利用は計画的に

頻繁に借り入れをしていると、その分返済すべき額は大きくなります。しかも消費者金融で借り入れをすると、返済するときにはたいていのケースで利息の負担ものしかかります。そう考えると、何度も借入をしていれば、いずれは返済できなくなるのは目に見えています。

 

消費者金融は、あくまでもアクシデントでたまたまその月に限って出費が大きくなったときに利用するためのサービスです。「ご利用は計画的に」とよく宣伝していますが、計画的な借り入れを考えることです。生活の見直しをして、なるべく消費者金融を利用せずにやり繰りする方法を見つけてください。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る