互助会費を出す必要性はあるの?

給与所得者の方で、自分の給与明細の内訳を見たことはありますか?その中で会社によっては、互助会費というものが天引きされているという人もいるはずです。互助会費は、社員で構成されている組織で何か出費のあったときのためにプールする役割があります。しかし普段互助会に関わる頻度は決して多くありません。

 

そこで「互助会費を出す必要性が果たしてあるのか?」という疑問を抱いている人も少なくないようです。実際インターネットの掲示板や知恵袋を見てみても、「互助会費が天引きされるけれどもこれを支払わないようにする方法はないか?」という書き込みがしばしば掲載されています。特に母子家庭など経済環境に決して恵まれていない人にとっては、数百円の月々の互助会費でも出費が痛いという人も見られます。

 

互助会費はどのようなものに使われているかですが、会社によってさまざまです。会社の誰かが結婚や出産した場合に祝金を出す、亡くなった時に香典をそこからねん出するなどに使われているケースは多いです。その他には会社で退職者の出たときに記念品を渡すための費用に使われているケースも見られます。

 

賛否両論あるかもしれませんが、このようにもしかすると自分に何かあった時に互助会からのフォローを受けられる可能性もあります。また普段お世話になっている人に何かあった時に間接的に何かを渡す役割もありますので、互助会費は出しておいて決して損はないといえます。

 

ただし原則互助会費は任意になっているはずです。もし毎月の互助会費の負担によって生活が厳しいというのであれば、相談をしてみるべきです。生活が厳しいという実情を訴えながらお願いをすれば、考慮してくれる可能性はあります。「会社にお世話になっているし、迷惑かけることになるので心苦しいけれども…」という感じで相談することです。

 

互助会費で今月ピンチなら…

互助会費が天引きされることで、給料日前にお金が足りなくなってピンチということも時には起こりえます。電化製品を購入したとか、学生時代の友人が結婚することになって祝儀を支払ったなど、予定外の出費があった時には起こる可能性があります。ギリギリの収支でやり繰りしている人は、このような想定外の出費でお金が足りなくなることもあり得るわけです。
このように互助会費が取られるせいで、給料日前に資金がショートしそうであれば消費者金融を利用してみてください。消費者金融は、スピーディに融資をしてくれます。平日の午前中に手続きを完了させれば、申し込んだその日に融資してくれる所もあります。

 

しかも利息の支払いは日割りで計算されます。給料の出たときにすぐ完済をすれば、数万円程度の借金であれば利息も数百円程度に収まるはずです。大手の消費者金融を中心にカードローンサービスを展開しているので、ATMを使って手軽に取引できるところも魅力です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る