借りたお金の使用用途

薄毛治療で自毛植毛したいが高額費用がネック…そんな場合の対処法は?

投稿日:

薄毛に悩んでいて、育毛剤や発毛剤をいろいろと試しているけれどもなかなか結果が出ないという人もいるでしょう。薄毛治療をしっかり行いたいと思っているのであれば、植毛するのも一つの有効な対処法です。植毛には人工植毛と自毛植毛がありますが、自然な仕上がりという所で見ればやはり自毛植毛の方が上です。

人工毛と異なり、自毛はそのまま成長を続けます。このためさまざまなヘアスタイルをアレンジして楽しめます。名前世はどうなのかという疑問を持つ人もいるでしょうが、植毛の技術はどんどん進化しているので、一昔前と比較するとかなり向上しているといえます。

高額費用がネック?

自然な仕上がりで薄毛を克服したいと思っているのであれば、自毛植毛も有効な選択肢です。しかしデメリットもあって、費用が高額になってしまう点に注目です。植毛手術には、高度な技術が要求されます。しかも髪の毛の生えている所から移植をしますので、大掛かりな外科手術になります。このためどうしても費用が高額になるのです。

ちなみに自毛植毛にかかる費用は主要なクリニックで以下のような感じになっています。図表で紹介している費用は、1000株・2000本の髪の毛を植毛した場合にかかる費用と考えてください。



  治療法 料金

湘南美容外科クリニック

FUT植毛 89万円
スマート植毛(ロボット使用) 200万円

アイランドタワークリニック

ストリップ法 105万円
ダイレクト法 147万円

ヨコ美クリニック

FUT植毛 60万円
FUE植毛 110万円

治療法によって同じクリニックでも費用が異なることにお気づきのはずです。FUTとは移植する髪の毛を頭皮ごと切り取って移植する方法です。FUEは小さなパンチで髪の毛の株をくりぬいて移植する方法です。ストリップ法は皮膚ごと株を移植する方法で、ダイレクト法は医者が目で確認しながら1つの毛穴から3~4本の髪の毛の生えている所を採取していく手法です。

いずれもかなりの価格になります。ですから少しでも安い所で治療しようと思う人も出てくるでしょう。しかしどのような症状に合った治療法かは、それぞれ変わってきます。無料カウンセリングを実施している所が多いので、きちんとした説明を受けて、納得できる治療法で植毛すべきです。

医療ローンを活用する

自毛植毛をするとなると、それなりにまとまったお金が必要になります。自己資金だけではとてもではないけれども調達できないという人も出てくるはずです。その場合には、まず医療ローンが活用できないかクリニックに相談してみることです。どこのクリニックでも、医療ローンの利用が可能なはずです。

一般的なローンと金利その他主要な商品内容には違いはありません。月々1万円からでも利用できるローンもあって、これなら無理のない支払いができるはずです。

その他にはクレジットカード払いに対応しているクリニックもあります。分割払いにすることで、まとまった費用をこつこつと支払っていくこともできます。ただしクリニックによって対応できるカード会社に限りがある、高額な分割払いに対応できないケースもありますのであらかじめ確認しておくべきです。

-借りたお金の使用用途

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.