大手消費者金融の中には資金用途に制限を設けている場合も

消費者金融から借り入れをした場合、資金用途はどのように使用しても原則構いません。というのも消費者金融で販売されている商品のほとんどが、フリーローンと呼ばれるものだからです。文字通り利用用途に制限はなく、借入した人がどのように使っても構わないローンです。

 

一方用途の限られているローンのことを、目的別ローンといいます。住宅ローンなどが代表的ですが、融資したお金の使い道が決まっている商品です。目的別ローンは多様化していて、住宅ローンの他にも自動車ローン、教育ローン、ブライダルローンなどがあります。フリーローンと比較して金利は低く設定されている傾向があるので、目的別ローンで合致する使い道があれば、まずはそちらに申し込みすべきです。

 

基本的には生計費として

大手の消費者金融のホームページには、資金用途は生計費と明記されているケースもあります。つまり基本的には生計費として借入をすべきです。ただし生計費といっても、その範囲は広範囲にわたります。レジャー費用も生活の一部と考えれば、生計費として借入できます。またショッピングするための費用も、生活に関係しているので生計費に該当します。もちろん生活費もそうです。

 

ちなみに消費者金融で借入の申し込みをする時に、資金用途について記入する欄を設けている所もあります。この場合、生計費やそれに準じた使い道を記入してください。そうすれば、一般的な利用目的で借入しようとしていると判断され、マイナスの印象は持たれにくいです。

 

消費者金融に関する情報はインターネットでもいろいろと紹介されています。その中で、漠然と生活費とするよりは突発的な理由の方が心証はよくなるという話が紹介されていました。「家族が急に入院したから」とか「突然のお悔やみ事があって」といった感じです。生活費というと、慢性的に金回りが悪いと評価されてしまう可能性もあるようです。このような知識も頭の中に入れておくことに、損はないはずです。

 

ギャンブルはNG

フリーローンなので、基本的に融資を受けたお金をギャンブルに使ってしまっても構いません。しかし消費者金融に申し込む際、使用用途をギャンブルと書くと審査は厳しくなります。ギャンブルで一山当てて、一気に借金返済したいと思う人もいるでしょう。しかしギャンブルは当たる確率は負ける確率よりも低いので、消費者金融から見れば信用できる行為ではありません。

 

その他にも、他社に借金があってその返済のために使うという場合も審査に落ちる可能性は高まります。このような多重債務の状態になれば、貸付をしても債権回収できる可能性は低いからです。

 

他社に借金のあることを申込みで隠しても、消費者金融は把握できます。審査の時に個人信用情報機関という所を参照するからです。個人信用情報機関では、その人がどこに借り入れがいくらあるかという情報も管理しているからです。多重債務になるくらいであれば、ほかの方法で借金問題を解決しないといけません。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る