借りたお金の使用用途

災害で急な出費を要求される…そんなときに消費者金融

投稿日:

日本は自然災害の脅威に常にさらされています。日本全国どこでも大きな地震が起きる可能性があります。また台風によって深刻な被害が出ることもあります。さらに北陸や東北、北海道では冬場になると大雪にやられる可能性も考えられます。

自然災害の怖い所は、ある日突然やってくるところです。しかも大きなダメージを与えます。時には家が全壊や半壊といった大きな被害を出す可能性も十分あります。家に深刻なダメージがあると、修復もしくは建て直しをしないといけません。そのためには、それなりの出費が必要になります。

理想を言えば、何が起きてもいいように家の修復のための資金をプールすることでしょう。ところがなかなかいつ起きるかわからない、起こる確率がどの程度あるのかわからないもののためにお金を貯めることは難しいという人も多いはずです。日々の生活費やマイホームを持っている人は住宅ローンの支払い、子どもがいれば教育費のねん出もあります。このような目の前に差し迫って必要な費用のために収入は消えていって、災害の時の資金準備まで手が回らない人も多いはずです。

数百万円必要になることも

地震や大雪によって、家が崩れるなどの被害に遭うとまずがれきの撤去のために費用が必要になります。また大雨が降って洪水などが起きた場合には、ほかの地域から流れてきた瓦礫が住宅の周辺で溜まる可能性も考えられます。この場合、自分の家は特別ダメージがなかったとしてもがれき撤去のための費用をねん出しないといけません。

さらに住宅がダメージを受けた場合には、修復する必要があります。建築業者やリフォーム業者にお願いして、ダメージを受けた箇所の手直しをしないといけません。場合によっては家の受けたダメージがかなり深刻で、建て替えを強いられるケースも出てきます。そうなるとさらに費用は莫大になります。

おそらくがれきの撤去や住宅の修復で、数百万円単位の費用が必要になるでしょう。建て替えなどになってしまうと、数千万円単位になってしまう恐れもあります。これだけのまとまった資金を今すぐ用意できないという家庭も多いはずです。そのような場合に活用してほしいのが、消費者金融の借入です。

緊急時でも対応可能

消費者金融のいい所は、すぐに融資してくれる所です。がれきの撤去などは差し迫って資金が必要です。スピーディに融資してくれれば、とりあえずの資金を用立てることが可能です。

消費者金融に申し込むと融資可能かどうかの審査が行われます。審査といってもきちんと職についていて、過去に返済トラブルがなければ、融資してくれる可能性は高いです。しかも申し込んだその日のうちに結果を通知してくれますし、消費者金融の中には即日融資に対応している所もあります。

自然災害はいつ襲ってくるかわかりませんし、どこでも起こりえます。そのようなもしものときのために、消費者金融のサービスを頭に入れておくべきです。

-借りたお金の使用用途

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.