急な冠婚葬祭の費用捻出に

香典の金額の相場や目安はどれくらい?

投稿日:

香典として包む金額は故人とどのような付き合いをしてきたのか、どういった関係性なのかによって変わってきます。よほどお世話になった場合でなければそこまで大きい金額を包むことはめったにありません。とはいえ、決して少ない金額ではなく、それなりにまとまったお金が必要となります。まずは以下の表をチェックしてみてください。



  20代 30代 40代
知人・友人 3千~5千円 5千~1万円 1~3万円
祖父母 1万~3万円 5万~10万円 3万~5万円
両親 3千~5千円 5万~10万円 5万~10万円
親戚 5千~1万円 5千~1万円 1万~3万円
いとこ 2万~3万円 3万~5万円 5万~10万円
甥・姪 2万~3万円 3万~5万円 5万~10万円
兄弟・姉妹 3万~5万円 5万~10万円 5万~10万円
会社の上司 5千円~1万円 5千円~1万円 1万~3万円
会社の同僚 5千円~1万円 5千円~1万円 1万~3万円
会社の部下 5千円~1万円 5千円~1万円 1万~3万円
取引先関係 5千円~1万円 5千円~1万円 1万~3万円


基本的に立場のある役職に就いていたり、ある程度の年代を重ねている人ほど香典に包む金額は大きくなっていきます。また、親しくしている人、お世話になった人に対しては相場よりも多めに包むのが一般的です。しかし正直なところ香典の金額については地域差がかなり強く出やすいので相場があてにならないこともままあります。

周囲の人たちに合わせることも大切

結婚式で贈るご祝儀とは異なり、香典については周りの人たちとある程度金額を合わせた方が良い場合もあります。例えば近所付き合いのある人たちが一緒に香典を出す時に金額にばらつきがあると後々トラブルに発展しかねません。ですので、付き合いのある人たちの中で年配の方に金額を決めてもらって、みんなで同じ額の香典を出すのがマナーになっている地域も少なからずあります。同時に職場関連の葬儀に参列するときも香典は金額を合わせた方が無難です。

香典の注意点

職場の同僚たちで香典をまとめる、夫婦で香典をまとめる場合も少なくありません。この時に注意したいのがトータルの金額に端数が出ないようにすることです。例えば全員で5万円なら全く問題ありませんが、3万8500円といった中途半端な金額にならないように注意しましょう。

もう1点注意しておきたいのが「4」「9」の数字が入らないようにすることです。「4」=「死」、「9」=「苦」を連想させるのでマナー違反となります。特に多いのが4000円の香典や9000円の香典です。そこまでの金額を出すのなら5000円、1万円を入れるのが常識です。

突然の香典に対応するために

結婚の祝儀はあらかじめ連絡があるため事前に準備することもできますが、葬儀に関してはほとんどが突然訪れるものです。そのため、給料日前や大きな買い物をした直後に突然の香典に対応しなくてはならず、お金に困ってしまった・・・という話はよく耳にします。もちろん普段から蓄えに余裕があれば良いのですが、全員が生活に余裕があるとは限りません。

そのようなときは消費者金融などを上手に活用して上手くやりくりするのが賢い選択だと言えるでしょう。クレジットカードを所持していてそれにキャッシング機能がついているのなら利用すれば良いですし、もしもキャッシング機能がついていないのなら消費者金融のカードローンやキャッシングに相談してみましょう。最近では即日融資で少ない金額(ほとんどは1万円から)からの借入にも対応しているので香典の分だけ借入するのに便利です。またいくつかの大手消費者金融は初回利用時は30日間金利0円、といったキャンペーンも行っているのでチェックしてみましょう。

-急な冠婚葬祭の費用捻出に

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.