急な冠婚葬祭の費用捻出に

ご祝儀の金額の目安ってどれくらい?

投稿日:

結婚式に参加する際に包むご祝儀。ご祝儀は式場の格式、新郎新婦とも関係、さらには地位や年齢などによって実に様々です。どれくらい包むのが良いのかよく分からない、という方もたくさんいるでしょう。もちろん金額で気持ちを表すものですが、何よりも贈る気持ちが大切です。そのため、思っているよりも金額は少ないけれど本当にこれで良いのか?と悩む方もいるかもしれませんが次の目安を参考に包んでみてはいかがでしょうか。



  20代 30代 40代
友人・知人 2~3万円 3~5万円 3~5万円
いとこ 2~3万円 3~5万円 5~10万円
甥・姪 2~3万円 3~5万円 5~10万円
兄弟・姉妹 5万円 3~5万円 5~10万円
会社の上司 3~5万円 3~5万円 5~10万円
会社の同僚 2~3万円 3万円 3万円
会社の部下 2~3万円 2~3万円 3万円
取引先関係 3万円 3万円 3~5万円


偶数は避けるべき?

ご祝儀のルールのひとつとして「偶数は避けなくてはならない」というものがあります。これは「割り切れる」ため縁起が悪いことが由来しています。しかし最近では「2」=ペアという考え方が広まってきて、偶数の中でも2ならOK!という風潮もあります。しかし1万円札を2枚いれるのではなく、1万円札1枚と5000円札2枚を包むのがマナーです。4万円は「4」=「死」=「不吉」となるためマナー違反。3万円か5万円にしましょう。

友人へのご祝儀

友人へのご祝儀はどの年代も2万円から3万円、あるいは3万円から5万円程度が相場となっています。社会人として日が浅いうちは大きな金額を入れるのは難しいかもしれません。もちろん大事な友人でこれからもずっと良い関係を続けていきたい、と思うのなら相場よりも多くのお金を包んでも良いでしょう。

夫婦で出席するとき

夫婦で出席するときは個人でご祝儀を贈るのではなく、2人まとめて贈るのがマナーです。もしも1人あたり2万円、あるいは3万円で考えた場合はトータルで4万円、もしくは6万円となってしまいます。偶数は基本的に割り切れる数字なので縁起が悪く、この場合だと合わせて5万円にするのが一般的です。これだけでは少ないと感じた場合は結婚祝いとして1万円や2万円くらいの贈物をプレゼントするのがベターです。

ご祝儀の都合が難しいときは

友人や知り合い、職場の人などから結婚式のお誘いが来た時に「手持ちが少ない!」「給料前なのに!」といったこともあるでしょう。よほど親しい人でない限り、突然話が降ってくるものです。もしもご祝儀の都合をつけるのが難しいときは消費者金融のキャッシングやカードローンなどを上手に活用してみましょう。少ない金額から借入することができるところがほとんどですし、大手消費者金融のいくつかは初回利用時は1ヶ月分の利息無料!といったキャンペーンを行っている場合もあります。これを上手に使えば利息を気にせずに借入できるので検討してみてはいかがでしょうか。

新郎新婦側から見たご祝儀

自分がご祝儀を贈る立場ではなく、受け取る立場だった場合を考えてみましょう。多くの方はご祝儀を結婚費用に充てたいと考えているはずです。ですのでできるだけ正確な数値を把握したいところですが、結局ご祝儀は一人ひとりの気持ちですのでなかなか予想がつきづらいものです。

だからこそある程度相場が分かっていると安心です。先程紹介した通り、1人あたり2万円から3万円が多いため、参加人数×2万円、あるいは参加人数×3万円で計算するとおおよその金額を予想することができます。もちろん場合によってはもっと少ない金額を包む人も出てくるでしょうから、その点も考慮した上で少なめに見積もっておいたほうが対応しやすくなるでしょう。

-急な冠婚葬祭の費用捻出に

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.