冠婚葬祭の費用捻出が難しい時に消費者金融を

急な冠婚葬祭の費用捻出に/おすすめ消費者金融エスプレッソ記事一覧

お葬式・葬儀にはまとまったお金が必要になります。平均的な葬儀費用は200万円とも、300万円とも言われています。どうしてここまで違いがあるのかというとそれぞれの葬儀屋・葬儀社によって費用が随分と異なってくるからです。葬儀は頻繁に行うものではないためサービスを比較する機会が少なく、ほとんど葬儀社の言い値で利用することとなります。その結果ある程度高く見積もりされても比較対象がないため分からず、高額な費...
葬儀にかかる費用は平均すると200万円から300万円程度だと言われています。誰でも手軽に支払える費用でないことは明白です。しかし、宗教上の理由だったり、故人を華々しく送り出したいという思いから多少無理をしてでも立派な葬儀を開きたいと考える方がほとんどです。その中で最近人気を集めているのが「一日葬」です。一日葬とはどんな葬儀?一日葬はこれまでの葬儀の形式にとらわれない新しいスタイルだといって良いでし...
葬儀は本来形式に沿って厳格に行うものです。しかし、宗教観念の薄れやニーズの多様化によって次々と新しい葬儀の形が登場しています。その中のひとつが「家族葬」です。厳格な定義が設けられているわけではありませんが、一般的には故人の親族や親しい友人だけを集めて葬儀を執り行うことを表すことが多いです。規模としては10人から15人程度の小規模な葬儀になるので費用を極力抑えられるのも支持される理由のひとつ。家族葬...
葬儀にも色々なスタイルが登場していますが、近年になって需要が高まっているのが「直葬」です。直葬とは従来の葬儀で取り行っているお通夜や告別式を省いて火葬のみで済ませるスタイルになります。もちろん、火葬を済ませたからそれで終わり、というだけではなく、必要に応じて枕飾りを置いたり、死装束をつけたり、炉前法要を行ったり、とニーズに合わせた葬儀を執り行うことも可能です。直葬を選ぶ理由直葬を希望する人たちの理...
婚約してから新婚旅行までにかかる「結婚費用」。ご存知の通り多額の費用がかかってくるため誰しもが希望通りの結婚式・披露宴を挙げられるわけではありません。内容にこだわるほどどんどん膨らみがちな結婚費用はどのような点にお金がかかっていて、それぞれの費用相場はどの程度か気になるものです。そこでここでは結婚費用に関する様々な点を紹介していきます。結婚費用は地域で差が出やすい?2012年度の調査では全国平均4...
結婚式に参加する際に包むご祝儀。ご祝儀は式場の格式、新郎新婦とも関係、さらには地位や年齢などによって実に様々です。どれくらい包むのが良いのかよく分からない、という方もたくさんいるでしょう。もちろん金額で気持ちを表すものですが、何よりも贈る気持ちが大切です。そのため、思っているよりも金額は少ないけれど本当にこれで良いのか?と悩む方もいるかもしれませんが次の目安を参考に包んでみてはいかがでしょうか。2...
香典として包む金額は故人とどのような付き合いをしてきたのか、どういった関係性なのかによって変わってきます。よほどお世話になった場合でなければそこまで大きい金額を包むことはめったにありません。とはいえ、決して少ない金額ではなく、それなりにまとまったお金が必要となります。まずは以下の表をチェックしてみてください。20代30代40代知人・友人3千〜5千円5千〜1万円1〜3万円祖父母1万〜3万円5万〜10...

このページの先頭へ戻る