借りたお金の使用用途

待ったなしの出産費用!消費者金融で借入できるの?

投稿日:

女性のライフイベントの中でも特に大きいのは、出産ではないでしょうか?妊娠すると十月十日とよく言われますが、出産時期は待ってくれません。このため、出産費用をどうするかを考えておく必要があります。ところで出産費用にまつわる話で注目したいのは、飛び込み出産が増えている点です。

飛び込み出産とはどういうものかというと、妊娠中健診を受けず陣痛の始まった時点で、初めて病院に行くスタイルです。なぜ飛び込み出産が増えているかというと、検診費用が高いので負担できないからです。正常な妊娠や自然出産では、健康保険が適用されず、全額自己負担になります。

健診費用は1回当たり平均5000円程度、検査費用が1万円といったところが相場です。健診は月に1~4回行く必要があるので、検診費用だけでも総額10万円はかかってしまいます。しかも出産をする時にも費用を負担しないといけません。一般的な総合病院では分娩費と入院費で40万円前後が相場です。個室に入るとさらに差額ベッド代が必要です。
赤ちゃんの健康を考えると、やはり定期検診を受けるべきです。そうなってくると子供1人を出産するにあたって50万円前後の費用は覚悟しておかないといけません。

出産一時金の活用

健康保険に加入していれば、出産をしたときに出産一時金というお金が出ます。支給額は赤ちゃん1人当たり42万円が支給されます。会社勤めをしている人だと健康保険組合からお祝い金が出る可能性があります。50万円前後が出産費用の相場となると、実質自己負担は8万円以下になる計算です。8万円程度なら、何とか工面できるという人もいるでしょうが、注意すべきポイントがあります。

それは出産一時金の支払われるタイミングです。申請をして一時金を受け取るのですが、申請できるタイミングは出産後になります。そして一時金を実際に受け取れるのは、赤ちゃんが1か月前後になったところです。ということは妊娠や出産に関係する費用は、基本的に自分で準備しないといけないわけです。

消費者金融の利用

出産にかかわる費用を準備できないという人もいるでしょう。その場合には、消費者金融を活用する方法もあります。最近の消費者金融は融資までがスピーディで、即日融資に対応している所もあるくらいです。しかし出産をした後の方が、お金がかかるということも頭に入れておくべきです。

おむつや医療の購入、生活費の負担増、教育費などいろいろとお金がかかります。ですからこのような育児費用も考えて無理のない返済プランを立てておかないといけません。出産一時金の他にも、出産育児一時金受領委任払制度や各市区町村で出産費用の助成などがあります。

地域の助成金を活用しよう

出典: 出産育児一時金:新潟市

このような制度をできるだけ活用してください。そしてどうしてもすべての費用をそれでも用意できない時に、消費者金融を利用することです。

-借りたお金の使用用途

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.