借りたお金の使用用途

美容整形したいけれどもお金が足りない…3つの方法で資金調達

投稿日:

自分の外見にコンプレックスを持っていると、なかなか人と交流できない、異性とのお付き合いができないなどの支障をきたす可能性があります。そこで自分を変えるために、美容整形にチャレンジする人も増えています。しかし美容整形の場合ネックになるのは、その費用です。

以下で費用相場の一覧を紹介しますが、非常に高額になりがちです。


施術箇所 費用相場
7~30万円
15~35万円
しわとり 2~100万円
豊胸手術 20~190万円
わきが治療 9~40万円
脂肪吸引 15~120万円

これだけの費用を用意できないという人もいるでしょう。その場合には、ほかの方法で資金調達する方法を模索すべきです。まずは医療ローンを利用する方法です。

医療ローンは、病院が提携している信販会社などでローンを組む方法です。分割払いで代金支払いをするのですが、支払い回数が少なければ少ないほど、金利手数料が安くなります。無理のない範囲でなるべく返済回数を少なくするのが理想です。

クレジットカードを利用

クリニックの中には、カード払いに対応している所も多いです。もしクレジットカードを持っていて手持ちの現金の足りない場合には、カード払いをしてみるのはいかがですか?たとえばリボ払いを選択すれば、毎月一定の金額を支払えばいいのでやり繰りもしやすいはずです。

ただしリボ払いはどのクレジットカードを見てみても、やや金利が高めに設定されています。高額な美容整形をしてリボ払いをしていると場合によっては、かなり利息を負担することになりかねないのでシミュレーションをしっかりと事前に行うべきです。

またクリニックによっては、すべてのカードに対応していないケースもあります。入り口や受付、美容整形クリニックのホームページで利用できるクレジットカードを紹介しているはずです。自分の持っているクレジットカードで支払いが可能かどうか、あらかじめ確認しておくべきです。

消費者金融を利用する

消費者金融から借り入れをして、美容整形の費用を賄うという方法があります。この場合医療ローンのように、支払い回数を少なくしても金利が安くなるわけではないので注意してください。しかし消費者金融の魅力は、フリーローンとなっている所です。このため、融資されたお金を皆さんの自由に利用できます。

医療ローンなどの場合、施術の費用のみなど使途が限定されているケースも多いです。しかし美容整形をする時に、他にもいろいろな出費が強いられます。整形手術をした後で経過観察をするために数回通院しないといけない可能性もあります。またクリニックに行くための交通費も負担しないといけません。

消費者金融で融資を受けた場合、このような美容整形に関連する費用にも活用できます。医療ローンの場合、病院経由で申し込むので審査に受かりやすいと考える人もいるようです。しかし実際に審査をするのは信販会社で、消費者金融と基本的に似たような基準で判断します。ですから消費者金融と医療ローンとでは、審査の難易度はほぼ同じと思ってください。

-借りたお金の使用用途

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.