景気に連動して金利は影響を受けると思うべし

消費者金融のホームページでもパンフレットでも何でもいいですが、金利に関する記載がどこかにあるはずです。金利が高いかどうかで、将来借入した時の利息の支払額が変わってきます。できるだけ金利の低いものを探した方がいいです。
ところで消費者金融の金利を見てみると、「変動金利です」という但し書きの書かれているケースもあります。変動金利とは文字通り、金利が変わる方式をさします。一般的に変動金利は年に2回、金利を見直すことが多いです。
変動金利は、市場金利を見て見直しが行われます。市場金利はその時々の景気状況によって、影響を受けます。
細かく見るといろいろな要因がかかわってきますが、簡単に言うと景気が上昇局面になれば金利は上昇します。しかし景気が衰退の局面に入ると、金利は下降すると思ってください。

 

金利を下げるには?

出典: 日本証券業協会

以前と金利が異なる?

このため、特に長年消費者金融を利用すると、前に借り入れした時と金利が異なると思う人もいるでしょう。何年か前に借り入れをして、数年ぶりなど久しぶりに借り入れをする場合などはどのような金利になっているか確認した方がいいです。前に借りた感覚で借り入れをしたところ、利息の支払額がだいぶ違っていたということもありうるからです。

 

ですから以前利用したことのある消費者金融だからという理由で、安易に申し込みをすべきではありません。ホームページでいったんどの程度の金利になっているか確認してください。もしかすると、ほかの消費者金融の中でより低い金利で融資をしてくれる所も見つかるかもしれません。返済の負担を少しでも軽くしたいのであれば、金利の低い所をとにかく探す、このルールを守るようにしてください。

 

利息の支払いを少しでも少なくするために

日本の現状は、何十年とデフレの状況が続いています。デフレ経済の中では、基本的に金利はゼロに近い設定になります。ゼロに近い金利設定にすることで、お金を貸し出しやすくして、お金の周りを良くして景気を向上させるからです。

 

現時点が最低金利に近い状態なので、この先金利は上がることはあっても下がることはまずないと思ってもらっていいです。変動金利の消費者金融で借入する際には、特に注意が必要です。インフレ局面に入れば、数年前よりも金利の上がっている可能性も十分考えられるからです。

 

金利が上がってしまっても、できるだけ利息の支払い負担を軽減したいと思っている人もいるでしょう。その場合には、とにかく早く返済するように努めることです。

 

消費者金融の利息は、元金に金利をかけて365日で割り、借入日数をかける方法で算出できます。ホームページなどで表記されている金利は年利換算で、利息は日割り計算になっているのです。つまり早めに返済すればするほど、利息の支払額は少なくできます。

 

早めに返済をすれば、たとえ多少変動金利が上昇したとしても、利息の支払額はそう変わらないわけです。お金が入ってきたら、なるべく消費者金融の返済に充てるように心がけることが大事です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る