○○%〜○○%、消費者金融に最高金利と最低金利のある理由

消費者金融のホームページなりチラシを確認するときに、金利の項目をチェックする人は多いはずです。やはりどの程度の利息を負担しないといけないのか、気になるからです。ところで消費者金融の金利を見てみると、「○○%〜○○%」のような感じで幅を持たせて記載されていることが多いです。

 

金利を比較するときに、この中でも最低金利の方に目が行ってしまう人も少なくないようです。最近では消費者金融でも、一桁の金利設定にしている所も多いです。最低金利を見て、低金利と思って借り入れしてしまう人も多いです。しかしこれから消費者金融を利用する人は、基本的に最初の借入では最高金利の方が適用されると思って間違いないと考えるべきです。

 

消費者金融のローンは、たいていが保証人も担保もなしで融資をします。ということは、その人の信用力だけで融資するのと同じです。初めて借入する人は、審査は行うものの本当に返済してくれるかどうかの確認が持てません。そこで念のためではありませんが、最高金利を適用して少しでも多くの利息を得て損失の出ないように対処する必要があるわけです。

 

金利が下がることはあるの?

金利を下げるには?

もし消費者金融に申し込みをして、最高金利が適用されたとします。その後金利の下がるようなことはあるのでしょうか?基本的に、自分で金利を下げる交渉を消費者金融と行わないと最高金利のままで返済していかないといけません。

 

またやみくもに金利を下げる交渉をしても、相手もおいそれと金利を引き下げてはくれません。ではどのような条件だと、金利の引き下げに応じてくれる可能性があるのでしょうか?金利を下げる条件として、2つの方法があります。

 

金利を下げられるかもしれない2つの方法

1つ目は、長期間優良利用をしているお客さんです。先ほども紹介したように、お客さんの信用だけを担保にして融資を実施しています。逆に言えば、信用力のあるお客さんであれば、金利を低くして融資をしても貸し倒れを起こすリスクは少ないわけです。

 

ある程度の期間、消費者金融を利用して、かつ期日通りの返済を繰り返していれば優良顧客と認定してくれます。そうすれば、金利の引き下げに応じてくれる可能性があります。この場合自分から金利引き下げの交渉をしなくても、消費者金融の方から金利見直しのお知らせなどの郵便物が届きます。

 

期日通りに返済をして、信用を高める必要があります。かつ定期的に利用しないと、信用力はつきません。この点を忘れている人もいるようなので、注意してください。

 

2つ目は、借り換えの検討をしている人です。借り換えをする場合、まとまった資金の融資を受けます。金利の上限を定めた法律に、利息制限法があります。元本が10万円未満であれば20%、100万円未満で18%、それ以上で15%を上限としないといけません。

 

たとえば、10万円未満の借入を数社から行っていて、一つにまとめたところ10万円を超えたとします。そうすれば20%から18%に少なくても2%金利が引き下げになります。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る