消費者金融の金利システムの特徴を把握せよ

消費者金融のローン商品の中には、金利が必ず表示されているはずです。貸出金利/貸付金利などと呼ばれますが、消費者金融が皆さんに融資するにあたって徴収する利息の割合のことをさします。貸出金利/貸付金利の他にも借入金利という言葉がありますが、どちらの視点で見たかの違いだけで言っている意味は一緒です。借入金利は融資を受ける側から、貸出金利/貸付金利は融資する側から見た場合の金利の呼び名です。

 

個人や法人が消費者金融から融資を受けるときには、金銭消費貸借契約を結びます。この契約書の中には、利息の割合として貸出金利/貸付金利が明記されているはずです。貸出金利/貸付金利の書かれていない契約書を提示する、契約書そのものがないような所は闇金の可能性があり、借り入れはすべきではありません。

 

金利が割合になっている理由

貸出金利/貸付金利を見てみると、どこの消費者金融もパーセンテージで表記しているはずです。これは貸金業法施行規則11条の中で明記されていることです。

 

また借り入れる側は、いくらお金を借りるかは人それぞれで異なります。もし一律の利息にしてしまうと、それが高いのか安いのか、人によって違ってきてしまいます。そこでどれだけのお金を借りるにしても、一定割合の金利にする必要があるわけです。

 

消費者金融のパンフレットやホームページで表記されている利率は、実質年率で表示されています。金利10%の場合、10万円の借入をして1年後に返済する場合には10万円と1万円の利息を支払わないといけないわけです。

 

金利水準を表す方法として他にも日歩表示やアドオン表示、利息天引きなどの方法もあります。しかし消費者金融は実質年率で表示しなければなりません。このことは日本の法律の中で義務付けられているからです。

 

消費者金融の利息支払いシステム

消費者金融からお金を借りる場合、利息のシステムをしっかりと理解しておくべきです。ほとんどの消費者金融では、利息額を日割りで算出する方法を採用しています。つまり借入をした場合の利息支払い額は、元金×実質年率÷365日×借入期間となります。

 

つまり借入期間が短ければ短いほど、利息の支払額は少なくなるわけです。消費者金融で現金が必要で借入した場合には、できるだけ速やかに返済をするように心がけてください。お金が給料などで入ってきたら、なるべく消費者金融の借金返済を優先すれば、余計な利息支払いを免れられます。

 

ちなみに数万円程度の借入であれば、2〜3日の借入期間でかかる利息は多くても数十円程度です。土日にお金が必要な時にATMで現金を下ろすと、手数料として100円や200円かかってしまいます。週末お金が必要になった時には消費者金融から借り入れして、手数料のかからない平日に返済を済ませればコストはお得になるわけです。消費者金融の金利のシステムがわかれば、このようなお得な使い方もできるわけです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る