返済期日までに最低返済金額を支払えば問題なし!

初めて消費者金融で借り入れする場合に、どのように返済をすればいいのか不安という人は多いです。消費者金融の返済ルールはごくシンプルです。毎月決められた返済期日までに、最低限の返済金額を支払えば問題ありません。

 

というのも消費者金融では、残高スライド元利定額返済方式という返済方式を採用しているからです。残高スライド元利定額返済方式とは、借入残高に応じて、月々の最低返済金額が変わる方式をさします。一般的に利用残高が大きくなればなるほど、月々の返済金額も大きくなる傾向があります。

 

余計に返済することも可能

消費者金融の返済ルールは残高スライド元利定額返済方式に基づき、毎月の返済日と最低返済金額を守るだけでOKです。たとえば、毎月の最低返済金額よりも今月は資金的に余裕があるので返済したいというケースも出てくるはずです。その場合には、余計に返済も可能です。

 

消費者金融では残高スライド元利定額返済方式に基づく約定返済の他にも、随時返済を受け付けています。約定返済を守ってくれれば、いつでもお金ができたときに返済できるシステムをとっているのです。

 

もしお金があってゆとりがあれば、できるだけ返済に回すべきです。というのも消費者金融では利息を日割りで計算しているからです。早めに返済をした方が利息の支払額も少なくなります。その時々の利用残高に対して利息はかかるので、返済を早くした方が有利なわけです。

 

最近の消費者金融は大手を中心として、取引できるATMの数を増やしています。金融機関やコンビニとも積極的に提携して、ATMを利用できるようにしています。24時間利用できるATMも多いですし、ネットバンキングからの振込に対応している所もあります。よって、自分の好きなタイミングで返済できるので早めの返済を心がけることです。

 

返済途中で借り入れも可能

消費者金融のローンは、その人の返済能力に応じて借入限度額を設定します。借入限度額の枠内であれば、借り入れは何度でもいつでも可能です。

 

たとえば、借入限度額20万円で枠いっぱいに借り入れしたとします。そうすればこのままの状態では、新たな借り入れはできません。ただし一部6万円を返済したとすれば、この6万円分の枠が空くので、6万円を上限として前回の借り入れの返済が完了していなくても新たな借り入れができるわけです。

 

このようにこまめに借りたり返したりできるのが消費者金融の特徴です。このため、返済回数はクレジットカードのように明確に決められていません。最低返済額を守っていれば何度でも返済できますし、逆に一括返済も可能です。だからこそ、しっかりとした返済計画を立てる必要があるのです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る