季節ごとの借入れ理由

年末年始に消費者金融を利用するときには通常と異なるので注意が必要

投稿日:

年末年始はまとまった休暇をとるという人も多いはずです。中には、どこかショッピングやアミューズメント施設に出かけるとか旅行をしようと思っている人もいるでしょう。また実家に帰省しようと考えている人もいるはずです。年末年始は何かと物入りで、出ていくお金も多いはずです。

このため、年末年始の休暇で資金が足りなくなるということもあり得ます。その場合には消費者金融のカードローンを利用しようと思っている人もいるはずです。ただしカードローンサービスも年末年始は通常とサービスの対応状況は異なります。

年度が若干異なりますが、年末年始は休業しているサービスもあるので注意した方がいいです。

ATM利用に注意

すでに消費者金融と借入契約を結んでいて、ローンカードがあればATMを使って借り入れは可能です。しかしATMそのものが稼働していない可能性もありますので注意してください。主要な所ではアコムやアイフルのATMコーナーは年末年始でも通常通り営業しています。

ただし提携ATMで利用できないケースがありますので注意すべきです。特に銀行のATMは、元日などは終日稼働していない所も多いです。自分が普段利用しているATMの年末年始の稼働状態は、あらかじめ確認しておくべきです。

消費者金融の中には、インターネットを使って口座振り込みのサービスを行っている所もあります。こちらも年末年始はサービス利用できないケースもありますので、確認しておいてください。システムメンテナンスのためにサービス停止することがあるからです。

プロミスでは瞬フリという三井住友銀行やジャパンネット銀行への24時間最短10秒の振込サービスがあります。瞬フリも元日は対応していません。三井住友銀行の場合、12月31日20:50から1月2日の7:00まで、ジャパンネット銀行は12月31日の23:50から1月2日の7:00までは対応不可能です。

緊急事態の場合には?

ローンカードを紛失してしまった、盗難に遭ったというアクシデントは時を選びません。年末年始にこのようなトラブルに巻き込まれる可能性も十分あります。緊急事態の場合には、年末年始も休みなく対応している所もあります。たとえば大手のプロミスの場合、カードの紛失や盗難対応は年末年始も24時間対応しています。

ただし消費者金融によっては、一部対応していないケースもあります。年末年始に借り入れの可能性があれば、年内の早めの段階で対応はどのようになっているか問い合わせするなり、ホームページで確認するなりしてください。

-季節ごとの借入れ理由

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.