季節ごとの借入れ理由

冬休みにやる予定がたくさん…お金に困ったら消費者金融利用も

投稿日:

年末年始を中心に冬休みを取得している人は多いはずです。学生の場合、12月下旬から1月の初旬まで数週間のまとまった休暇の取れるところが多いです。社会人になっても、1週間から10日くらいの連休を確保できるケースも少なくありません。そこで多くの人が普段できないことをしようとします。

たとえば家族や恋人と旅行に出かける人が多いです。海外旅行にくりだす人も少なくありません。またアウトレットやショッピングセンター、アミューズメントパークなどに行く人も家族連れを中心に目立ちます。

年末年始というと、いろいろなイベントがあります。クリスマスや大晦日、元日といった感じです。このため、出ていくお金も普段と比較すると多くなる人もいるはずです。中には冬休みの期間中、自己資金が底をつくという事態になる人も出てきます。冬休みにお金が足りなくなったのであれば、消費者金融の利用も検討すべきです。

自動契約機の利用を検討

消費者金融は特に年末年始、通常とは営業時間が異なるので注意してください。もし年末年始にすぐにお金が必要というのであれば、自動契約機で手続きすることです。インターネットだと買入れできるのは、年明け以降になってしまう恐れがあるからです。

インターネットによる申し込み受け付けは、年末年始含め24時間いつでも可能です。しかし審査の手続きは翌営業日以降になるので、年末年始休業だと年明けに審査結果の回答になってしまいます。自動契約機であれば、審査結果がその場で出るので即日カード発行・借入も可能です。

自動契約機は、土日や祝日でも夜遅くまで営業している所が多いです。しかし特に元日は自動契約機も営業していない所が多いので注意してください。アイフルは主要な消費者金融で唯一、自動契約機が元日でも営業しています。それでも通常と比較すると営業時間は短縮しているので注意してください。

資金計画を早めに検討する

このように年末年始は特に、スピーディに借り入れできない可能性があります。そこで早めに申し込んで、ローンカードの発行だけ受けておくことも大事です。しかしやみくもに申し込みして、ローンカードをたくさん持っていてもついお金を多くかりてしまいがちです。その結果、返済で後々苦しむ可能性もあります。

そこで年末年始を迎える前に、冬休みにどのくらいの資金が必要になるのか計画を立てておいてください。そしてもし消費者金融を利用するのであれば、いくら必要になるかをシミュレーションしておくことです。そうすれば、必要最小限の借入だけで済みます。

計画していないと多めに借入する必要が出てきます。いざ資金が足りないと困るからです。このため、利息の支払い負担が大きくなって返済で苦労しかねません。前もった資金の準備を心がけるようにしてください。

-季節ごとの借入れ理由

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.