卒業旅行で海外を奮発する学生も

学生の場合、ある程度まとまった休暇を春休みに確保できます。大学や学部によって多少異なるものの、2月の中旬ごろから4月の初旬まで休みというケースが多いです。少なくても1ヶ月半、長ければ2か月近くの休暇のあるところも見られます。

 

これだけの休暇があれば、いろいろと普段できないこともできるでしょう。たとえば旅行に出かけてのんびりするとか、普段授業などが詰まっていて出来なかったショッピングなどもじっくりと楽しめるはずです。またおいしいレストランや話題のスイーツショップに出かけて、職を楽しむ方法もあります。

 

卒業旅行のシーズンでも

春休みというと、大学4年生の人にとっては社会人までの休暇になります。社会人になると、1ヶ月単位の休暇はなかなか取得できません。そこで学生最後の思い出づくりとして、卒業旅行を友人などと企画する人も多いです。

 

中には、海外旅行に出かけることを計画しているグループもいるはずです。学生の中には今まで海外旅行に出かけたことのない人もいるでしょうから、貴重な体験となるはずです。ただし卒業旅行で海外に出かけるとなると、それなりにまとまった費用が必要になります。

 

韓国や台湾といった近場に旅行するのであれば、最近の旅行会社の中には国内旅行とそう変わらない金額で行ける商品もあります。ただしアメリカやヨーロッパなどに旅行に行きたいとなると、そう安い価格で提供しているツアーはありません。10万単位の出費を覚悟しておかないといけません。

 

国内旅行やショッピングなどを長い春休みの期間中にこまごまと行っていると、気が付いたときにはまとまった資金が出ていってしまう可能性は十分あります。そして気が付いたときには手元に現金がほとんどないという状況に陥る可能性も十分考えられるわけです。

 

消費者金融の利用を検討

もし春休みにお金が足りないというのであれば、消費者金融の利用を検討してみる価値はあります。消費者金融の条件を見てみると、20歳以上で安定した収入のある人を対象に貸し出しを行っています。学生でアルバイトをしている人であれば、安定した収入の条件をクリアできる可能性が高いです。

 

20歳以下の場合であっても、ローンを組めるケースがあります。ただしこの場合、保護者の同意書が必要です。つまり親にローンの利用を説得しないといけません。

 

学費や生活費の工面であれば、説得しやすいでしょうが、遊びに使うお金となるとなかなか同意を取り付けるのは難しいケースも出てきます。その場合には、学生専用のローンがあります。こちらを利用してみるのはいかがでしょうか?

 

学生ローンは秘密厳守で貸し出しを行ってくれます。両親に知られることなく借入ができます。しかも18歳以上の高校生を除く学生を対象にしている商品もあります。春休みにお金に困ったのであれば、学生ローンや消費者金融を利用してみるのはいかがですか?

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン

春休みは旅行にショッピング、予定がたくさん!/おすすめ消費者金融エスプレッソ関連ページ

お正月
成人式
ゴールデンウィーク
夏休み
お盆休み
ハロウィーンは今や重要なイベント
クリスマスプレゼント
大晦日
年末年始
冬休み

このページの先頭へ戻る