季節ごとの借入れ理由

お正月にお金を借りたい…消費者金融は利用できるの?

投稿日:

年末年始にお金が足りなくなったので消費者金融で借入したいという人も多いはずです。年末年始はまとまった休みがとれるので、どこか旅行したりショッピングしたりで何かとお金が出ていきやすいです。また新年会や忘年会のシーズンでもあるので、こちらでも出費がかさみます。

そこで気がついた時には手持ちのお金が無くなっているということも十分あり得ます。

消費者金融は普段、このように手持ちがなくなった時には大変重宝します。即日審査で即日融資を行っている所もあり、困った時に必要なお金を融資してくれるからです。しかし普段は重宝する消費者金融も、年末年始は休むところも多いです。このため一部サービスが利用できなくなりますので、注意する必要があります。

利用する前に営業状態の確認を

消費者金融の中には、年末年始もサービス対応している所はあります。しかし通常と比較すると営業時間が異なるので注意しないといけません。以下で主要な消費者金融の営業状態について紹介しますが、こちらは2014~2015年の年末年始の営業状況なのでその部分は理解しておいてください。詳しい情報は各消費者金融のホームページに記載されているはずです。



  店頭窓口 自動契約機 ATM
プロミス 12/30~1/4まで休業 12/31短縮営業、1/1休業 1/1休業
アコム 12/31~1/4まで休業 12/30短縮営業、12/31~1/1休業 通常通り稼働
アイフル 12/30~1/4まで休業 12/31~1/3まで短縮営業 通常通り稼働
SMBCモビット 店舗により異なる 1/1は休業 休業
ライフティ 12/30~1/4まで休業


インターネットを使った申し込みに関しては、お正月でも対応しています。しかし注意したいのは、申し込み受付を行っているけれども審査結果の通知や融資に関しては翌営業日以降になってしまう点です。このため、年明けにならないと融資は受けられないので頭の中に入れておいてください。

自動契約機で申し込み手続きをすれば、審査通過した場合その場でカード発行してくれます。そのカードを使ってATMで借入手続きが可能です。審査結果はその日のうちに通知してくれるので、とにかく今すぐお金が必要という人は、自動契約機の利用を検討すべきです。

ATMの利用も注意

カードが発行されても、肝心のATMが作動していない状況であれば、借り入れができません。ATMの稼働状況に関しても、あらかじめ確認しておく必要があります。

ちなみに主要な所では、アコムやアイフルは年末年始でもATMは稼働しているので、借り入れは可能です。ただし提携ATMの中には、利用できなくなるケースもありますので事前確認が必要です。

ATMの他にも、インターネットを使った借入サービスを利用する方法があります。このインターネットによる振込サービスも、年末年始はサービス停止になるケースもありますので注意しないといけません。たとえば、プロミスでは瞬フリという24時間最短10秒で借入できるサービスがあります。

この瞬フリですが大晦日は三井住友銀行宛が20:50まで、ジャパンネット銀行宛でも23:50までの対応になります。これ以降に手続きをしても、1月2日の7:00以降にならないと振込は完了しません。このように年末年始は対応が異なることを理解してください。

-季節ごとの借入れ理由

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.