申込資格を必ず確認して審査が受けられるかをチェック

消費者金融のキャッシングやローンの契約をしたい!と考える場合、まずは申込する必要があります。無事に申込が終わったら審査へと移り、審査をパスして契約、融資という流れになっています。つまり、申込の時点でつまづいてしまっては借入することは不可能だということに。そこでここでは消費者金融のキャッシングやローン契約のための申込資格について紹介していきます。

 

申込資格を確認しよう

キャッシングやローンの申込資格はそれぞれの消費者金融の公式ホームページなどに詳細が記載されています。ここで覚えておいて欲しいのが「申込資格は最低基準」だということです。つまり、申込資格をクリアしているからといって申込をしても場合によっては審査自体が行われない可能性も十分ある、ということ。

 

ですので、申込資格を確認して「もしかするとギリギリかもしれない」と感じたら仮審査などを受けるのもひとつの手です。いくつかの消費者金融の公式ホームページには仮審査ページが設けられており、実際に審査を受けるわけではないけれどひとつの目安として利用できるサービスがあります。

 

申込資格の年齢

ほとんどの消費者金融は申込資格の中に年齢を組み込んでいます。20歳以上であること、そして69歳以下であることが多いです。20歳以上のについてですが、基本的に未成年は消費者金融を利用できません。ですので20歳未満の方は無条件で申込時点で弾かれてしまいます。

 

次に69歳以下であることについてですが、こちらは年金暮らしなどで高齢の方は返済能力が低いと判断されるため年齢制限という形で断っている、と考えて良いです。もちろん70歳を超えても現役で働いている方もいらっしゃることでしょうが、申込資格として設定されている以上覆すのは不可能です。

 

申込資格の収入

消費者金融のキャッシングやローンでは収入による返済能力を必ず確認しています。しかし具体的に「年収○○万円以上」といった記載はされていません。多くは「安定した収入がある方」といった記載になっています。ですので、実際に申込してみないと分かりづらい部分もあるのが現状です。ちなみに安定した収入とは「毎月一定額の収入がある」ことを示しています。ですので、50万円稼げる月もあれば1万円しか稼げない月もある、という方はかなり厳しいです。

 

しかし逆にパートやアルバイトなどでも毎月10万円程度の比較的少ない金額でも毎月安定して収入が得られるのなら、問題無いケースもあります。このように安定して収入を得られるのなら正規雇用でなくても全く問題ありません。アルバイト、パート、派遣社員、自営業者でも利用できるのが消費者金融の魅力的な部分です。

 

現在の借入状況

申込資格に明記されているわけではありませんが、現在の借入状況もまた申込時に重視されるポイントです。例えば他社からすでにそれなりの金額の借入がある場合は申込の時点で断られてしまいます。多重債務は絶対に避けたいというのが消費者金融業界の共通認識だからです。

 

ですので、もしもすでに借入している場合は新規契約するのは難しいことは覚えておいたほうが良いです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る