詐欺・悪徳業者を避けるために

融資詐欺は悪徳業者の典型的な手口

投稿日:

悪徳業者や詐欺業者の常套手段のひとつ「融資詐欺」が問題になっています。融資詐欺とは別名「貸します詐欺」とも言われており、最も主流な詐欺行為です。例えば「低金利で融資します」「誰でも無条件で多重債務を一本化します」「簡単審査で多額の貸付対応します」といった広告、ダイレクトメール、Eメール、ファックスなどで勧誘してきます。普段なら「そんな詐欺に引っかからない」と思っている人でも、お金に困っていたり、すぐにでもお金を用意しなくてはならない時には頼りになると感じてしまうものです。

お金を借りようと思って融資詐欺に電話をしてしまうと本当の消費者金融のように簡単な審査を行います。もちろんここで断ることはほぼありません。「審査が終わったけれどこのままでは融資できないので、保証協会に一時的に保証金を支払ってくれれば希望通りの融資をします」といった事を言ってきます。金額は悪徳業者によって異なりますが、数万円から数十万円になることも。「一時的に支払うだけで保証金はあとで戻る」と言われているためついつい振り込んでしまうこともあります。一度振り込んでしまうと連絡がつかなくなって2度とそのお金は返ってきません。

その他にも、100万円以上融資してくれる、という話だったにもかかわらず、実際に融資されたのは1万円や2万円程度。それなのに利息は100万円分請求された、と言っためちゃくちゃな内容の融資詐欺を行っているところもあります。

このような融資詐欺がなかなか減らないのには理由があります。それは実際に店舗を持っているわけではなく、さらには住所も適当なところが書かれており、携帯電話に電話するだけでお金を借りられる、という手口をとっているからです。被害届を受けた警察側もそう簡単に実態を掴めず、根本的な解決に至らないことも多いです。そのため、1度融資詐欺に引っかかってしまうとお金を取り戻すのはほぼ不可能だと言われています。消費者生活センターや弁護士に相談しても相手の足取りが掴めないことには法的な手段に出ることも難しいです。

融資詐欺に騙されないようにするためには聞いたことがないような名前の消費者金融は避けるのが無難です。しかし詐欺業者の中には有名な消費者金融とよく似た名前を使っていたり、あたかも銀行グループの一員であるかのような名前をつけていることもあります。

ですので、必ず貸金業に登録されている業者かを確認しましょう。貸金業を営むためには国や都道府県に届出を出して登録番号を発行してもらわなくてはなりません。この登録番号は金融庁のホームページからすぐに検索できるため、まずは登録されている番号なのかを確認しましょう。一部の中小消費者金融は正規の登録番号を持っているにもかかわらず詐欺行為を働いているところもあります。保証金の振込を要求されたり、法外な金利を要求されたり、無茶な返済を要求された場合は振込せずに直ちに警察に連絡しましょう。これらの融資詐欺が心配な方は大手消費者金融を選ぶのが無難だと言えるでしょう。

-詐欺・悪徳業者を避けるために

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.