詐欺・悪徳業者を避けるために

悪徳業者の勧誘メールの手口とその対処法

投稿日:

「今なら低金利で融資できます」「どれでも借金を一本化できます」などの勧誘メールが来たことは無いでしょうか。パソコンはもちろん、スマホや携帯にも大量に届きます。一体これらの勧誘メールはどのような仕組みで送られてくるのか気になりますよね。いうまでもありませんがこれらの勧誘メールは悪徳・詐欺業者がお金を稼ぐための手段として用いています。ただ単純に迷惑メールを送ることが目的、というわけではありません。

悪徳業者にとって強力なツール

勧誘メールは詐欺・悪徳業者にとって非常に強力なツールです。商品やサービスを広告に出せば興味を持った人が自然と集まりますが、内容が違法性のあるものであるため普通の広告を出すことはできません。そこで使われているのが勧誘メールという集客手段です。

不特定多数の相手に無差別送信できるだけでなく、匿名性も確保できるためリスクが非常に小さいです。またコストもほとんどかからないのも悪徳業者にとって魅力的な部分です。広告費は一切かからず、パソコンとネット環境さえあればすぐにでも勧誘メールを一斉送信できます。最近では勧誘メールや迷惑メールに対するセキュリティーが充実してきたため特定のユーザーに狙いを定めてピンポイントに送信する方法が主流となりつつあります。

メールアドレスが出回っている可能性も

そもそもどうして勧誘メールが届くのか不思議に思ったことはありませんか。悪徳業者が勧誘メールを送る方法はいくつかあります。まずひとつは、適当に作ったメールアドレスに勧誘メールを無差別に送りつけて、無事に送信できれば「このアドレスは生きている」と判断します。一度送信に成功したアドレスは登録されて何度でも勧誘メールが届くようになります。

そしてもうひとつ気をつけたいのがメールアドレスをいずれかのサイトやサービスなどに登録することです。もしもそのサイトやサービスが顧客情報を悪徳業者に売りつけていたり、ハッキングなどで個人情報が抜かれてしまったらすぐに勧誘メールが送られてくることになります。

実際にメールアドレスのリストを販売している業者も多数存在しているため、信用できるサービスだとしてもメールアドレスを登録する際には勧誘メールが届くリスクがあることを覚えておかなくてはなりません。少しでも怪しいサイトやサービスにメールアドレスを登録しなくてはならないときはフリーメールなどを作成して使い分けた方がよいでしょう。

無視するのが一番

もしも勧誘メールが手元に届く場合は無視するのが一番です。メールの中にURLが記載されていることがありますがこちらはクリックしない方が良いです。ジャンプした先のページにウイルスが仕組まれていることもあります。「配信停止はこちら」というURLがあってもクリックしないように。

最近のメールソフト、メールサービスにはフィルタリング機能が用意されているのでこちらを利用すればある程度勧誘メールを減らすことができます。使い方については各サービスのヘルプの参照、もしくはサービスセンターに問い合わせてみましょう。

また「迷惑メール相談センター」というサービスがあり、こちらに情報提供することによって自分自身をもちろん、他の人たちへの勧誘メール対策にも繋がるので積極的に報告したいものです。

-詐欺・悪徳業者を避けるために

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.