詐欺・悪徳業者を避けるために

宝くじ詐欺の事例や対処法をチェックして騙されないようにしよう

投稿日:

年末年始の大きな宝くじ「ドリームジャンボ」や、好きな数字を選んで当てる「ロト」「ナンバーズ」、その場ですぐに結果が分かる「スクラッチ」など色々な宝くじが存在しています。もしも当たれば一攫千金の大チャンス!ということで「半ば期待しつつ夢を買う」人がたくさんいます。

そんな人たちにつけ込んだ詐欺が「宝くじ詐欺」です。特にインターネットなどにあまり詳しくない高齢者をターゲットとしていることが多く、その手口は悪質です。実際この宝くじ詐欺の被害件数は年々増加しています。

数字選択式宝くじの当選番号詐欺に関する相談件数


年度 2010 2011 2012 2013
件数 8 43 280 703

出典:国民生活センター

特に2012年度以降急増していることがハッキリと分かります。数が増えているのは宝くじ自体が年々盛り上がっていること、そしてインターネットを使って迷惑メールといった形で連絡を摂りやすい環境が整っていることが考えられます。

宝くじ詐欺の手口

宝くじ詐欺の手口は非常に分かりやすいものです。それは、当選番号を事前に教える、と言うもの。特にロトやナンバーズは数字を選んで当てるタイプの宝くじなので、事前に当選番号が分かっていれば1等賞はもらったも同然です。

しかしもちろん事前に当選番号が分かるはずがありません。分かるはずがないと理解していながらも「実際に過去に○○千万円当たったんですよ」「知らないかもしれませんが周りは結構やっているんですよ?」といった口車に乗せられて「試しにやってみようか」と手を出してしまうことがあります。番号を教える代わりに「情報量として○○万円振り込んでください」と言われます。

お金を振り込んだら後は連絡が取れなくなってしまい、その時点で「詐欺だった」と気づく。これが宝くじ詐欺の手口です。情報量の金額が数万円と比較的手を出しやすい金額に設定されていることも多く「これくらいのお金だったらいいか」と思わせるのも宝くじ詐欺のいやらしいところです。

宝くじ詐欺の事例
当選番号を教えてもらいない

業者から宝くじの当選番号を教えるからお金を振り込んで欲しい、と言われて高額なお金を支払ったにもかかわらずそれ以降全く連絡はなく、結局当選番号を教えてもらえなかった。

でたらめの情報だった

お金を振り込んで当選番号を教えてもらったけれど、全くのでたらめ情報だった。文句を言おうと思って連絡をしたところすでに繋がらない状態で泣き寝入りするしかなかった。

宝くじ詐欺の対処法

宝くじ詐欺の対処法ですが、まず大前提として頭の中に入れておいて欲しいのが「宝くじの当選番号が事前に分かることはありえない」ということです。最近では国内の宝くじだけでなく海外の宝くじに関しても「当選番号を教えます」という詐欺が増えています。当然海外の宝くじも事前に番号が分かることはありえません。ですので、電話やメールなどで当選番号を教えます、といった類のものが来た時は無視するか通報するのが最良の対処法になります。

1度でも振込してしまうとまずお金を取り返すことはできません。過去の例を見ても取りかえせた実績はほとんど無いのが現状です。もしもお金を振り込んでしまったらすぐに消費生活センターなどに相談しましょう。また、自分は大丈夫だと思っていても、高齢の家族がいる場合は注意を促しておきましょう。この宝くじ詐欺は主に高齢者がターゲットとなっています。

-詐欺・悪徳業者を避けるために

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.