保証金名目でお金を騙し取るのは悪徳業者の常套手段

詐欺・悪徳業者は様々な手法を用いてお金を稼ごうとします。中でも今1番注意しなくてはならないのが「保証金名目でお金を騙し取る」方法です。

 

例えば「今ならキャンペーンで○○%という低金利でお金を貸します!」「どんな方でも100万円まですぐにお金を貸します」「複数の借金がある方でもすぐに一本化できます」といった魅力的な言葉で惑わしてきます。もしもこのような内容の電子メール、ダイレクトメール、ファックス、雑誌広告、チラシなどがあった場合は無視するのが一番です。

 

もしもその連絡先に電話をすると「○○万円まで融資できますが、保証金が必要になるので一時的に○○万円振り込んでください。もちろん後で保証金はお返しします」といったことを言ってきます。「あとで保証金が返ってくるのならいいか」と軽い気持ちで振込をしてしまうと「保証金名目でお金を騙し取る詐欺」に見事にはまってしまうこととなります。

 

保証金名目だけでなく、担保として、保証協会に委託するため、どれだけ信用できるかの度合いを計るためなど色々な言い回しがあるので注意しましょう。いずれにせよ、正規の消費者金融の場合は返済以外ではこちらから振込することはありません。

 

最近ではインターネットの融資広告を見て「ネット上で普通に広告を出しているからまともな業者なのだろう」と思わせておいて、実は詐欺・悪徳業者だったというケースも多発しています。このような詐欺に引っかからないようにするためにも慎重に選択していかなくてはなりません。

 

対策方法

保証金名目でお金を騙し取る詐欺の有効な対策方法には次のようなものが挙げられます。

 

登録番号を確認する

貸金業は必ず国・都道府県に登録しなくてはなりません。その登録番号は金融庁のホームページで簡単に検索できるため、利用する前に必ず登録番号を確認しておきましょう。

 

電話番号を確認する

貸金業で住所や電話番号などを記載しなくてはならない、というルールが決められています。最近ではインターネットで簡単に電話番号検索ができるようになっており、これを利用することでどのような事業を経営しているところがどの電話番号を使用しているのかが簡単に分かります。

 

振込要求は要注意

先述した通り、正規の貸金業者は融資・貸付する前に保証金、保険料、手数料といった名目でお金を振り込ませることは絶対にありません。何かしら理由をつけて振り込ませようという時点で詐欺・悪徳業者が確定すると言っても過言ではありません。

 

警察に通報する

もしも保証金名目でお金を騙し取るような手口が見られた場合は速やかに警察に通報しましょう。「そんなことで通報して大丈夫?」と心配になるかもしれませんが、きちんと対応してもらえます。悪徳業者もそう簡単に警察につかまらないような工夫をしていますが、これまでにいくつもの検挙があるのも事実です。あなただけでなく周りの人たちがこれらの詐欺被害に遭わないようにするためにも積極的に情報提供をしましょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る