詐欺・悪徳業者を避けるために

キャリア決済の現金化は詐欺だということを解説します!

投稿日:2018年6月7日 更新日:

キャリア決済現金化は詐欺

決済方法が多様化する現代では、スマホや携帯のキャリアでも決済ができるようになりました。

それに伴い、キャリア決済の現金化を誘うような広告を、見かけたことがある方もいるでしょう。

お金に困っている方の中には、

キャリア決済の現金化は簡単なの?

キャリア決済の現金化は詐欺って本当?

と興味を持っている方も多いです。

そこで今回は、キャリア決済の現金化は詐欺なのかどうか、もし現金化したことをキャリア会社に知られてしまったらどうなるのか、詳しく解説していきます。

これを読めば、キャリア決済の現金化がいかに危険なのかわかりますよ。ぜひ読み進めてくださいね。

そもそもキャリア決済の現金化ってなに?

まずは、キャリア決済の現金化がどういったものなのか、お話ししていきましょう。

キャリア決済とは、後払い方式の決済方法で、商品をキャリア決済で購入すると電話料金と共に請求が届く仕組みになります。

つまり、キャリア決済の現金化とは、商品をキャリア決済で購入し、現金化業者へ売ることで現金を得る手法が主です。

例えば、現金化業者より指定された50,000円の商品をキャリア決済で購入し、現金化業者へ45,000円で売り、現金を得るということになります。

クレジットカードの現金化と類似していると考えると、わかりやすいでしょう。

しかし中には、キャリア決済の現金化の方法を見ていると、どこに問題があるのかわからないという方も多いです。

また、純粋にほしい商品を購入したが必要なくなり、売却する場合も現金を得ることになります。

しかし、一見問題なさそうに見える現金化でも、詐欺の手口は潜んでいるのです。

キャリア決済現金化はどんな詐欺に遭いやすいのか

キャリア決済の現金化で多く見られる詐欺としては、

  • フィッシング詐欺
  • 換金率を騙される詐欺

といった2つがあります。

誰でも被害に遭う可能性がある詐欺なので、ぜひ注目してくださいね。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、メールや偽のホームページを利用して個人情報を盗み取る、スマホや携帯だからこそ陥りやすい詐欺の一つです。

本物と区別がつかないほどの高性能なホームページやメールで、入力された個人情報をもとにキャリア情報などを盗み取るので、気がつきにくいという特徴があります。

実際に、フィッシング詐欺によるキャリア決済で商品を購入されてしまうという詐欺も起こっています。

換金率を騙す詐欺

詐欺の中でも、換金率をだます手口も増えています。

例えば、90%で買い取ると大々的に広告をしていたとしても、実際は手数料などといった名目を持ち出し、結果85%程度にしかならないといったケースもあります。

中には、90%の還元率と掲示しながらも、複数の商品のうち一番価格が低い商品は90%、残りは全部50%などといったことも少なくありません。

フタを開けてみると、全く違う換金率であることは多いです。

目次に戻る

キャリア決済現金化は違法ではないが禁止されている!

キャリア決済って実際は違法なの?といった疑問を持つ方もいるでしょう。

違法であれば、なんらかの刑事処罰があるのですが、実はキャリ決済の現金化は違法ではありません。

しかし、キャリア会社からは厳しく禁止されています。

そこで、キャリア会社にバレた場合どうなるのかなど、キャリア決済現金化のリスクについてお話ししましょう。

キャリア決済を現金化したことが携帯会社にバレたらどうなる?

キャリア決済の現金化は違法ではないものの、キャリア会社にバレてしまった場合、次の3つのことが起こるでしょう。

  • スマホの強制解約
  • 端末代金や利用金額の一括請求
  • 信用情報機関にブラックとして登録

キャリア決済の現金化のリスクは、今後を揺るがすことも考えられるので、きちんと認識して覚えておいてくださいね。

スマホの強制解約

各キャリア会社の規約の中には、キャリア決済の現金を禁止する内容が盛り込まれています。

その規約を同意したうえで利用しているので、キャリア決済を現金化したことが知られてしまうと、その会社のスマホや携帯は強制解約になることは間違いないでしょう。

「なんだ、使えなくなるだけか」と思っている方は要注意です。強制解約を受けると、次のようなことになるので楽観視することはできませんよ。

端末代金や利用金額の一括請求

強制解約をするということは、契約を解除するということです。

つまり、割賦払いで返済しているスマホの機種代金や、今まで利用した電話代金、もちろんキャリア決済で購入した商品の代金など一気に請求されることになります。

ただでさえ高額なスマホの残債や、現金化した決済分などすべて一括請求されるので、その金額を考えると恐ろしいですね。

お金に困って現金化をしているケースが多いので、この一括請求に対応できる方は少ないでしょう。

信用情報機関にブラックとして登録

キャリア決済だけに限らず、現金化という行為は法律的には合法であっても信用問題として問題視されています。

強制解約といった履歴は信用情報に残り、ブラック扱いになってしまいます。

規約を守れない顧客を、快く思うキャリア会社などはありませんよね。

その結果、スマホや携帯、最悪はクレジットカードの作成が難しくなる可能性があるのです。

携帯が利用できないと仕事に影響がある方や、クレジットカードの新規作成ができないと困るという方は多いです。

法律的に罰則はなくとも、キャリア決済の現金化は大きなリスクを伴うと認識しておきましょう。

フィッシング詐欺かどうか見分けることは難しい

キャリア決済の現金化を検討している方の中には、

「いい換金率の現金化サイトを見つけたけど、フィッシング詐欺かどうかわかるのか?」

といった疑問をよく見かけます。正直、フィッシング詐欺を見分けることは難しいです。

目安にしかなりませんが、ホームページなどで個人情報を入力するときには、SSLサーバー証明書が導入されているのかどうか確認しましょう。

SSLサーバー証明書が導入されている証明としては、

  • URLが「https://」から始まる
  • ブラウザのURL表示部分が緑色や鍵のマークがある

といった2つがあります。

しかし、実際は自分で見分けるのが難しいほど、巧妙にホームページやメールが作られているケースが多いです。

知識に自信がないのであれば、キャリア決済の現金化には手を出すのはやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、キャリア決済の現金化とはどういったものなのか、現金化するリスクなど詳しくお話しました。

ポイントとしては、次の4つがあります。

  • キャリア決済の現金化は取り締まる法律はないが、大きなリスクがある
  • キャリア決済の現金化では、フィッシング詐欺と換金率詐欺に注意
  • 現金化をキャリアに知られてしまうと、強制解約や一括返済がある
  • キャリア決済の現金化は、知識に自信がないのであれば辞めるべき

お金に困っているという状況は重く苦しいです。

しかし、ここで踏みとどまるかどうかで、大きなリスクを回避することができます。

どうしてもお金に困って、キャリア決済の現金化をしたい

キャリア決済の現金化の違法性を知りたい

といった方は、この記事を参考にキャリア決済の現金化をするべきかどうか検討してくださいね。

-詐欺・悪徳業者を避けるために

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.