毎月定額はメリット!しかし甘い罠もある所に注意!

クレジットカードや消費者金融の支払の時に、リボ払いという言葉がしばしば紹介されます。正式名称はリボルディング払いとかリボルディング返済などといいます。リボ払いという言葉は聞いたことがあるけれども、詳しいことはよくわからないという人もいるはずです。

 

リボ払いとは、毎月一定の額を返済していく方式です。消費者金融を見てみると、定額スライドリボルディング払いの方式をとっている所が多いです。借入残高に応じて、月々の返済額が変わってくる方式です。たとえば、以下のような図表のシステムのことです。

借入残高 月々の返済額
10万円以内 5000円
20万円以内 7000円
30万円以内 9000円

借入を30万行った場合には、月々9000円を返済しないといけません。しかし借入残高が20万円を切ると、今後の返済額は月々7000円でいいですよという方式になります。

 

リボ払いと分割払い

クレジットカードでもリボ払いを適用している所は多いです。カードの場合、分割払いという方式もあります。分割払いとリボ払いの間の違いがよくわからないという人もしばしばみられます。分割払いの場合、支払い回数で代金を分けて返済額を決めます。

 

しかしリボ払いの場合、毎月の返済額は一定です。どのような金額の買い物をしたとしてもあらかじめ決められた返済額を月々支払っていけばいいわけです。たとえば上の図表をもう一度使って紹介しましょう。

 

10万円の借入をしたとして、リボ払いの場合であれば月々5000円を支払えばいいわけです。しかし分割払いを選択した場合、2回払いであれば5万円、5回払いであれば1万円、10回払いにすれば1万円となります。分割払いを選択する場合には、月々返済できる範囲の中で選択しないといけないわけです。

 

リボ払いの注意点

リボ払いのいい所は、毎月一定の金額を支払えばいいという所です。このため、家計のやりくりがしやすいメリットがあります。しかし自分の借入額と比較して、あまりに月々の返済額が少額だといつまでたっても完済できないという状況に陥る危険性もあるので注意です。

 

そして消費者金融で借入すると、元金の返済の他にも利息の支払いをしないといけません。利息支払いは返済期間中ずっとついて回るものです。つまりリボ払いにして返済期間が長くなればなるほど、利息をたくさん支払っていかないといけない状況に陥るわけです。トータルの返済額で比較すると、リボ払いの方がかなり大きな額になることも十分あり得ます。

 

また消費者金融のカードローンを使っていると、利用限度額の枠内であればいつでも借り入れが可能です。前回の借金が返済し終わっていなくても、借り入れができます。借入を繰り返していると、結局現時点における自分の借金の総額がどの程度になっているのか、把握できなくなる恐れもあります。

 

そして気が付いたときには莫大な借金を背負っていたということもあり得るわけです。ですから特にリボ払いをする時には、自分の借金をしっかりと管理しておいてください。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る