返済にまつわる情報

両親が借金…借金の肩代わりをするのは義務?

投稿日:

借金の問題で頭を抱えている人も多いです。その中でも自分の借金であれば仕方がないと思うでしょうが、ほかの人の借金で頭を悩ませている人は何とも言えない気持ちになるはずです。たとえば両親が借金を作っているという人で、両親に返済能力がない場合、自分が肩代わりした方がいいのではないかと考える人も多いです。

結論から言いますとルール上、両親の借金を子供が肩代わりをする必要はありません。あくまでも借金とは個人に帰属するものというのが一般的な考え方です。たとえ親子でもそれぞれは独立した個人なので、親をはじめ他人の借金を無条件で肩代わりする必要はないわけです。ただし両親が借り入れした時に、皆さんが連帯保証人となっている場合は例外で皆さんに返済義務が生じてしまいます。

第三者請求は違法行為

しかし少し前までは、両親が借金の返済ができないと子供に消費者金融から借金の取り立てのやってくることは多かったようです。現在テレビコマーシャルで宣伝されているような大手の消費者金融でも、結構行っていたといいます。しかしこのような債務者以外の人に対して取り立て行為を行うのは第三者請求といって、違法行為に該当します。

債務者以外の人に借金返済の請求を行うことは、明らかに違法行為です。親の借金を子供への他にも、兄弟の借金の肩代わりや夫の借金が妻に請求されるなども違法行為に該当します。ただし債務者のために家族が自主的に返済をする場合には、違法行為にはなりません。

もしも家族などの借金の肩代わりを要求されたのであれば、断固として断るべきです。貸金業法が改正されて罰則規定も厳しくなっています。ですから毅然とした対応をすることが重要です。

ただし両親が名義を貸して、実質上あなたが借り入れをしている場合には、話は別です。この場合、皆さんに返済義務は生じます。

金銭貸借契約では、成立要件としてお金の授受があったかどうかを重視する傾向があります。つまり誰名義だったかよりも、お金を実際に受け取ったのはだれかという所が重要なのです。このため、皆さんがお金を借りたのであれば、皆さんが契約の当事者になるわけです。

相続による返済義務

両親の借金を保証人にでもなっていない限り、皆さんに返済する義務は生じません。ただし両親が借金を抱えて亡くなった場合には、話は変わってきます。両親の借金は負の財産として、通常子供である皆さんに相続されてしまうからです。

ただし借金返済を必ず行わないといけないというわけではありません。相続放棄という手続きを取れば、借金返済義務を放棄できます。相続放棄をする場合、すべての財産の相続権利を放棄しないといけません。借金だけ放棄して、不動産や預貯金だけ相続はできません。相続放棄をすることが得なのか損なのかを慎重に見極める必要があります。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.