返済にまつわる情報

消費者金融の代位弁済の制度を理解すべし

投稿日:

消費者金融のホームページを見てみると、借り入れに関するいろいろな条件が書かれているはずです。その中で「保証会社が債務を保証できる」などの条件が記載されていることがあります。保証会社とは、債務者の保証人が割りを行う所です。

消費者金融の場合、無担保・保証人なしで借り入れできるのが大きな特徴です。ただしこの状態だと、債務者が返済をしてくれるという信用だけで貸し付けを行います。そうなると消費者金融にとっては、債権回収できないリスクも背負う必要があるわけです。

そこで保証会社が登場するわけです。もし債務者が何らかの理由で借金返済できなくなったのであれば、保証会社が債務者に代わって残債を返済する形になります。このことを代位弁済というのです。

保証会社から返済の催促

もし借金返済できなくても保証会社が肩代わりしてくれるので、自分で返済しなくてもいいという話にはもちろんなりません。保証会社が代位弁済したのは、あくまでも一時的に皆さんが返済すべきお金を立て替えただけです。つまり消費者金融からではなく、今度は保証会社から肩代わりしたお金を返済するように求められます。

代位弁済が実行された時点で、消費者金融への返済義務はなくなります。しかし消費者金融をこれ以上利用できなくなると思ってください。もっとも実質的な利用は、延滞をした時点で出来なくなっているはずです。代位弁済されると、消費者金融との契約そのものが失われるわけです。

代位弁済がなされると、保証会社から代位弁済通知書という通知が届きます。その中で、肩代わりしたお金の全額を支払うようにといわれるはずです。ただしこの部分に関しては故障の余地は残されていて、保証会社にコンタクトを取れば分割で弁済することも可能です。

弁済が実行されるタイミング

代位弁済は返済期日までに返済が確認できなければ、即日実行されることはまずありません。消費者金融によって対応は異なりますが、一般的には延滞が3か月続きなおかつ返済の医師が債務者から見られない時には、代位弁済の行われる可能性は高いと思うべきです。

代位弁済される前に、借り入れしている所に借金返済したいけれどもお金のないことを相談すべきです。そうすれば、何らかの解決策を講じてくれます。

例えば仕事を辞めて収入がなくなったのであれば、再就職できるまでは利息だけ支払ってもらうという妥協案が提示されることもあります。その他にも借金の一部だけの返済でもいいとしている場合も考えられます。いままできちんと返済をしてきた実績を持っている人であれば、消費者金融の契約は気にならずに問題解決できるケースもありえます。返済できなくなりそうであれば、消費者金融にまずは相談することが大事です。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.