返済にまつわる情報

残高スライド返済は返済が長引きやすいので計画的に!

投稿日:

残高スライド返済は多くの消費者金融のキャッシングやカードローンなどで採用されている返済方式です。借り入れ残高に応じて毎回の返済額が変動していきます。例えば次の表のようなケースが挙げられます。



30万円未満 月々8000円
30万円以上50万円未満 月々1万円
50万円以上100万円未満 月々1万5000円
100万円以上 月々2万円



もちろん毎月の返済額はそれぞれの消費者金融によって異なります。多くは生活の負担にならない程度の金額に設定されていることが多いようです。残高に応じて返済額が決められているので、毎月どれくらい振り込めば良いのか分かりやすい!というメリットがあります。しかし、一度の返済額が小さいとどうしてもなかなか元金が減りません。つまりそれだけ返済期間が長引いてしまい、返済総額が増える可能性がある、というデメリットがあります。

とはいえ、実際に出費が重なる月もあるわけで、月々の支払いを抑えられるのは大きなメリットです。ほとんどの消費者金融はお金に余裕があるときはいつでも追加返済(繰上返済)ができるようになっているので、ボーナスが出たり、出費が少ない月は多めに返済していくようにすれば非常に便利な返済方式です。

しかし残高スライド返済を選択する場合は必ず事前に「支払い総額の計算」を怠らないようにしましょう。もしかすると想像以上に利息を支払うことになってしまうかもしれません。

残高スライド返済の例

ある程度残高スライド返済について理解できたら例を見て、実際にどのような感じなのかをチェックしてみましょう。

例えば30万円を借り入れしたとします。これを10回の分割払いで支払う場合と、月々2万円ずつ残高スライド返済で支払う場合をチェックしてみます。金利はどちらも18%にします。

10回払いの場合

返済金額の計算方法

月々2万円の場合

返済金額の計算方法

これを見てみると、10回分割払いの場合は月々32530円とそれなりの金額になります。しかし10ヶ月目に完済、そして利息総額は25296円です。一方の月々2万円ずつ返済する場合は18ヶ月目で完済、利息総額は42404円となりました。利息だけを比較すると、25296円と42404円、差額でおよそ17000円もの違いが出ています。

残高スライド返済はこんな人にオススメ

利息総額が大きくなる可能性もある残高スライド返済ですが、もちろんメリットがいくつかあります。

まずひとつはゆとりのある返済ができる、ということです。例えば、急な出費である程度まとまったお金を用意しなくてはならないけれど、毎月の生活費にあまり余裕は無い・・・という方だと比較的支払いやすい返済額が設定させることの多い残高スライド返済の方が多少期間は長引いても利用しやすいですよね。

もうひとつは自分の好きなタイミングで返済額が増やせることです。ボーナスが出たり、臨時収入があったり、たまたま出費を抑えることができたときは、その分だけ多く返済できます。これによって一気に元金が減るので利息も小さくなり、早く返済できます。もちろん次の月の支払いはいつも通り決められた金額でOKです。

残高スライド返済はとにかく自由度が高いので自分のペースで返済できます。各消費者金融で返済シミュレーションが用意されているので、これを使って返済計画を立ててみましょう。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.